「ターゲットは絞り込まれている」 夏の大補強が確実のアヤックスが堂安律に照準を定めた!?

「ターゲットは絞り込まれている」 夏の大補強が確実のアヤックスが堂安律に照準を定めた!?

2019.3.20 ・ 日本代表

シェアする

 3月22日のコロンビア戦、26日のボリビア戦に臨む森保ジャパンに選出された堂安律。先日オランダから帰国し、国内合宿に参加している。


 インターナショナル・ウィークということで各国リーグ戦が休止しているなか、オランダではチャンピオンズ・リーグでレアル・マドリーを破ってベスト8入りを果たしたアヤックスの新戦力リサーチが話題になっているようだ。


 「アヤックスは、3人のAZ所属選手を含む若手たちにターゲットを絞っている」と明かしたのは、スポーツ専門チャンネル「FOX SPORTS」オランダ版の取材に応じた元エールディビジ・プレーヤーのハンス・クラーイ・ジュニアだ。


 かつてデフラースハプなどでプレーした後、2部クラブの監督を歴任し、現在はフットボール界の事情通としてコメンテーターとしても活躍している彼は、以下のように語っている。


「アヤックスは今夏、GKアンドレ・オナナ、DFマタイス・デリフト、MFフレンキー・デヨング(バルセロナ内定)、MFハキム・ジイェフ、DFニコラス・タグリアフィコら、主力が去ると仮定して、非常にアクティブに新戦力を探している。彼らの売却により、クラブは2億ユーロ以上の収入が見込めるので、 補強には凄まじい大金を使うだろう」


 そして、実際に新戦力獲得の動きは、水面下で活発になっているという。

「もちろん、ドゥシャン・タディッチのような国際経験豊かなプレーヤーの獲得を目指す可能性もあるが、スカウトたちが注目しているのは若い選手だ。毎回、AZのMFトゥーン・コープマイネルス、MFフース・ティル、FWカルフィン・ステンフスをチェックしている。


 そして毎週誰かが、フローニンヘンの堂安を観に行く。練習にも足を運んでいるようだ。クラブが望む選手たちへのチェックはこまめに行なっているので、ターゲットは絞り込まれている段階だ」


 アヤックスが堂安の獲得を目指しているという噂は、昨夏にオランダ・メディアで取り上げられて以降、継続して囁かれ続けている。今シーズン終了後の主力放出が具体化するにつれ、堂安獲得への姿勢は本格化しているといえそうだ。


 背番号21を背負う堂安は日本代表での親善試合の後、再びオランダに戻る。リーグ再開は3月31日のAZ戦とのアウェーマッチということで、アヤックスのスカウトも注目する一戦となりそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事