金田喜稔がコロンビア戦を斬る!「際立ったのが中島の存在感。柴崎にはあえて注文を付けたい」

金田喜稔がコロンビア戦を斬る!「際立ったのが中島の存在感。柴崎にはあえて注文を付けたい」

2019.3.23 ・ 日本代表

シェアする

 中島がいるといないではまったく違う。改めてその存在感の大きさを感じた試合だった。キープ力を活かして縦にも内にも行けるし、右足のアウトサイドを使って中に切り返した瞬間に“攻撃のスイッチ”が入り、南野と堂安が動き出すんだよね。3人の絡み方はスムーズだし、常に仕掛けようとする姿勢は魅力的。見ていて楽しいよ。


 中島、南野、堂安は、3人とも個の力で突破できるだけでなく、ペナルティーエリアの外からシュートを狙える。中島はこの試合でも3本いいシュートがあったし、堂安も前にDFがいたとしてもファーサイドを狙ってシュートを打つ意識を常に持っている。南野も惜しいミドルがあった。柴崎を含めて4人がミドルレンジからゴールを決める力を持っているのは、強みだよ。少し前までは、井手口ぐらいしか見当たらなかったからね。

 

 柴崎と蛍(山口)が組んだボランチも注目していた。お互いの距離間がよかったし、中盤にスペースが空いてピンチを招くような場面はほとんどなかったと思う。敵のカウンターがそれほど鋭くなかったこともあるけどね。


 あえて言わせてもらうと、柴崎にはもう少し攻撃に絡んでシュートを打つような姿勢を見せてほしい。それができる選手だから。正直、前の4人だけでやり切ってしまうから、任せているんだろうけど、それだけだと引かれた相手には厳しくなる。とくに、アジアでの戦いはそうなるケースが多いからね。


(鈴木)武蔵はデビュー戦だったこともあって、2列目の3人と連動できていなかった。もちろん、大迫とはタイプが違うわけで、同じ役割は求められないけど、やや物足りなかった。まだ自分本位のプレーが多くて、相手がこう来たからこうしようとか、駆け引きができないんだよね。コースがないのにクロスを上げようとした場面もあった。


 ただ、身体能力は高いし、裏に抜け出すスピードや迫力は魅力的だから、時間をあげたほうががいいと思う。


 個人的には、鎌田をもっと見たかった。シント=トロイデンで結果を残しているしね。短い出場時間だったけど、2列目とも融合できそうな雰囲気があった。次のボリビア戦はもっと時間を与えるべきじゃないかな。

  香川はやや重そうに見えた。ミドルパスの精度も良かったし、リズムは作っていたと思うけど、あれぐらいはやって当たり前の選手。本人も言ってたけど、結果に結び付けられなかった。ファンが香川に求めているのは、ゴールやアシストなわけだから。

 

 ディフェンス陣も悪くなかった。開始3分でいきなり左サイドを崩されてバーに救われる形になったけど、それ以外は危ない場面はそれほどなかった。昌子も冨安も縦に入ってくるボールに厳しくいっていたしね。

 

 ホームだし、長距離移動をしてきたコロンビアにはもちろん勝たないといけなかった。ただ、冨安が与えたPKは不運な面があったし、責められない。

 

 とくに前半は、あれだけシュートを打ってゴールを脅かしたんだから、悲観する必要はなないよ。点は取れなかったけどね。期待感は抱かせてくれた。

 

 結局のところ、ファイナルサードでの精度、決め切る力が課題になってくる。前半に室屋のクロスが南野に合わなかったシーンがあったけど、あれが合えば1点になるわけだから。まぁ、その部分はどんな強豪国でも課題なんだけど……。

 

 4日後の相手はボリビア。コロンビアより力が落ちるわけだから、当然、内容はもちろん結果も求められるよね。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事