【橋本英郎】日本の前半の守備は完璧な出来栄え! ただ新三銃士は香川&乾コンビに対して…

【橋本英郎】日本の前半の守備は完璧な出来栄え! ただ新三銃士は香川&乾コンビに対して…

2019.3.23 ・ 日本代表

シェアする

 今回のキリンチャレンジカップを戦う日本代表には、いつになくJリーグのクラブからたくさんの選手が選ばれました。そのなかには去年、一昨年と一緒にプレーしていた安西幸輝選手と畠中槙之輔選手もいて、コロンビア戦で出場するのかどうか、すごく注目しながら観ていました。


 さらにはロシア・ワールドカップで活躍した香川真司選手、乾貴士選手のふたりに、新三銃士とも謳われる中島翔哉選手、南野拓実選手、堂安律選手の3人がどのように絡むのかにも関心を寄せていました。


 で、コロンビア戦。今回は試合全体を見るのではなく、ポイントを絞って印象を述べさせてもらおうと思います。中盤の攻防、とくに日本代表がどのような試合運びを中盤でしていたのか、また、どんな技術的な側面があったのかを考察してみます。


 まずは前半から。


 キックオフからさほど経っていない時間帯で一度、コロンビアの速い攻撃についていけず、左サイドのクロスからバーを叩かれるシーンがありました。でも観ていてヒヤっとしたのはあれくらいでしょう。日本は中盤をコンパクトにすることで、コロンビアに攻撃の糸口を掴ませなかったからです。


 とりわけ利いていたのが、トップ下に入った南野選手の守備です。コロンビアのボランチを気にしながら、あまり間延びしないように心掛けていました。だからでしょう。相手のボランチは本当に窮屈そうにプレーしていましたし、日本としてもそこでボールを奪ってからのカウンターで、何度か良い形を作れてもいました。


  両サイドの中島、堂安両選手もしっかりと内側のパスコースを締めながら、外にチャレンジすることができていた。コロンビアがサイドバックに出したところから抜け出せない、そんな場面を多く作り出していました。そこに加えて、2列目の3人に指示を出している山口蛍選手、柴崎岳選手の2ボランチが素早く寄せることで、一定のコンパクトさが保たれていたのです。


 個人的に日本の前半の守備は、完璧に近い出来栄えだったと思います。もっと言えば、奪ったあとに奪い返されない技術が素晴らしかった! とくに選手個々のボールを止める技術が本当に高いなと感じました。


 どうしても中島選手や堂安選手のドリブルに目が行ってしまいますが、まずはなによりも「止める」作業をしっかりとしています。もし「止まらなかった」としても、すぐに自分が思う場所に置き直すことができる。ボールの置きどころが悪いままでプレーしない、だからこそ、相手のプレッシャーを交わすことができるのです。 さて、話は後半に移ります。


 日本はコロンビアに少し長いラフなボールを前線に入れられて、ディフェンスラインが下がっていきました。ボランチもケアするため位置が低くなったのですが、2列目の3人はそれでも攻撃的な守備をしていたため、なかなか良いポジションが取れなくなってしまいました。


 テレビ解説の方々もおっしゃっていましたが、コロンビアは中島選手のところを徹底的にサイドバック、サイドハーフのふたりで抑え込んできましたね。彼らは全体的に高い位置を取るようになりました。


 その結果、コロンビアのボランチがプレーするスペースが生まれ始めます。


 後半に入って疲れも出てくるなかで、ルーズボールの反応も相手のほうが速くなり、ゴール前まで持って来られるシーンが増えていきました。決勝点のPKを与えるきっかけになったのもルーズボールを上手く繋がれたところから。中盤が間延びしてしまい、ボールを奪う狙いを定められない時間帯でした。


  この試合を通じて感じたのは、中盤のコンパクトさを90分間持続させるのは、やはり難しいということ。後半途中から香川選手、乾選手が投入されて前線にフレッシュさが加味され、守備のコンパクトさが向上しましたし、攻撃もスムーズな部分が見られましたが……。


 では、誰もが注目した香川選手、乾選手のふたりと、中島選手、南野選手、堂安選手の3人との連携についてはどうだったか。両選手が入ってきたことで新たなコンビネーションが生まれそうな雰囲気はありましたが、じゃっかんふたりに気を使っているように感じました。


 中島選手のパスを香川選手が受けきれないシーンがありましたよね。普段なら出さないタイミングだったのか、香川選手も出てこないかなと思ったのか、慌ててしまって繋がりませんでした。ああしたところは、やはり一緒にプレーをしていないと分からない部分なのかもしれません。


 一方で、香川選手と乾選手のショートコーナーからの崩しはすごくスムーズでした。相手も面食らっていましたね。ああした場面を今後、若手3人と生み出していけたらかなり面白くなるでしょう。個人的にもすごく楽しみではあります。 個人的に感じたのは、日本の前線の選手たちのシュート意識の高さです。


 ただハーフタイムに、テレビ中継で西野朗前監督が「ペナルティーエリアに侵入して、あとひと工夫からのシュートもあるといい」とおっしゃっていました。僕もまったく同じ意見で、それができるようになれば、攻撃をランクアップできるのではないでしょうか。


 以前の日本代表はミドルシュートが少なかった。まずは綺麗な崩し、コンビネーションが第一でしたが、いまの代表は、個の突破(ドリブル)からのシュートが多くなっています。まさに槍のようなミドルシュートがたくさん飛び出すのは強みですが、そこにコンビネーションが加わってくれば、よりビッグチャンスが生まれるだろうなと感じます。


 最後に──。


 残りわずかな時間でしたが、安西選手が代表デビューしました! なんだか親心を感じてしまう今日この頃でしたが、次のボリビア戦も出場機会があるなら2試合目になりますので、バンバンチャレンジして“らしさ”を出してほしいと思います。畠中選手もチャンスをもらえたら嬉しいのだけどなぁ……。


 火曜日のゲームは、また違った視点で考察してみたいと思います。


<了>


橋本英郎


PROFILE

はしもと・ひでお/1979年5月21日生まれ、大阪府大阪市出身。ガンバ大阪の下部組織で才能を育まれ、1998年にトップ昇格。練習生からプロ契約を勝ち取り、やがて不動のボランチとして君臨、J1初制覇やアジア制覇など西野朗体制下の黄金期を支えた。府内屈指の進学校・天王寺高校から大阪市立大学に一般入試で合格し、卒業した秀才。G大阪を2011年に退団したのちは、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、長野パルセイロ、東京ヴェルディでプレーし、今季からJFLのFC今治に籍を置く。日本代表はイビチャ・オシム政権下で重宝され、国際Aマッチ・15試合に出場した。現役プロ選手として奮闘する傍ら、サッカースクールの主宰やヨガチャリティー開催など幅広く活動中。Jリーグ通算/438試合・21得点(うちJ1は339試合・19得点)。173センチ・68キロ。血液型O型。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事