【コロンビア戦|戦評】“良く見えた”前半に隠れた大きな課題。今後の焦点は香川の起用法だ

【コロンビア戦|戦評】“良く見えた”前半に隠れた大きな課題。今後の焦点は香川の起用法だ

2019.3.23 ・ 日本代表

シェアする

 シュート数は16対9。日本がより多くのチャンスを作り、特に前半は主導権を握ったゲームだったと言えるだろう。

 

 開始早々に左サイドを破られてバー直撃のシュートを浴びた日本だったが、「前半は相手が前からきてくれたので、蹴っても僕らがセカンドボールを拾えた」(堂安律)と、その後は中盤で中島翔哉、堂安らが前を向いてボールを持てるシーンが続き、9分には南野拓実、21分には堂安、25分には中島と次々に鋭いシュートを放ち、スタジアムを大いに沸かせた。

 

 しかし、得点に近づいているように見えたが、シュートはことごとく外れていく。36分には中島の左からのクロスに、CFとして先発出場した鈴木武蔵がダイビングヘッドで合わせたが、これもゴール右に逸れた。

 

 すると後半はコロンビアの反撃を受け、64分にはシュートブロックに入った冨安健洋がハンドを取られてPKを献上。相手のエース、ラダメル・ファルカオに決められ、結局はこのビハインドを取り戻すことはできなかった。

 

 積極的な仕掛けで日本の攻撃をリードした堂安は、崩しの局面において、ある課題を指摘する。

 

「正直、ラストパスの時にパスコースがひとつしかない状況が多かったです。ふたつ選べる中でどちらかを選択するシーンがあまりなかったので、力ずくで通すプレーになってしまいました」

 

 堂安が振り返ったように、日本の攻撃は単発での仕掛けが多く、相手の守備網を崩し切った形はなかったように映る。逆にシュートはエリア外もしくは、エリアに入ってからでもコースを限定されている場面が多く、指揮官が目指す“連動した攻撃”は限られたのだ。その要因にはエース、大迫勇也不在の影響が挙げられるだろう。堂安は続ける。

 

「縦パスが入るシーンをもっと皆が共有しなくてはいけないです。僕自身、翔哉くんがボールを持った時に連動できていなかった。チーム全体でここで前を向くというところを共有できれば、勢いを持って全員で前へ行けるはずです。サコくん(大迫)に(縦パスが)入る時には皆で前へ行くという意識を共有できていました」

  もっとも大迫不在を嘆いても意味がない。森保一監督も「誰が抜けたからではなく、その時のメンバーでベストな戦いをしたい」と話し、堂安もこの日、CFを務めた鈴木と実戦で初めて組み、「武蔵くんの良さは今日で分かりました」と前向きに語る。また、攻撃の新たなカンフル剤として期待されるのが、コロンビア戦は65分からの登場となった10番・香川真司だ。

 

 ボランチの柴崎岳は、香川とセカンドトップのポジションを争うことになりそうな南野を引き合いに出しながら「ボールを引き出すのが上手い。そこから展開できて相手を押し込めました。(南野)拓実とはまた違うタイプで、タメを作ってもらう間に他の選手が飛び出すことができる。もっと合わせなくてはいけないと思いますが、今日のところでは良いイメージを持てました」と手応えを口にした。

 

 また堂安も、ロシア・ワールドカップ以来の代表復帰となった香川との連係に好感触を抱いたようだ。

 

「(香川)真司くんが入ってなにか変われそうな雰囲気がありました。真司くんはボールを触ってテンポを作る選手。僕としては近くに寄ってプレーすることができます。(南野)拓実くんはどちらかというとフィニッシャータイプなので、その違いはありました」

 

 ふたりがその影響力を説明したように、今後は香川の起用法が、攻撃の質の改善の鍵になるのかもしれない。

 

 崩しの面で課題を残したコロンビア戦は、森保ジャパンでは初めての無得点ゲームとなり、昨年9月のチーム発足から続いていた国内での無敗も5でストップした。次のボリビア戦(26日・ノエビアスタジアム神戸)では、その悔しさを糧に修正を施したい。

 

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事