「もっとロングボールが欲しかったか?」。その問いに鈴木武蔵は…

「もっとロングボールが欲しかったか?」。その問いに鈴木武蔵は…

2019.3.23 ・ 日本代表

シェアする

[キリンチャレンジカップ]日本 0-1 コロンビア/3月22日/日産スタジアム

 

 コロンビア戦でA代表デビューを飾ったひとりが、鈴木武蔵だ。4-4-2システムで南野拓実と2トップを組んだ快足FWはしかし、シュート1本(37分に中島のクロスにヘッドで合わせた決定機)と寂しい結果に終わった。

 

 「前半は良い試合ができていただけに、ちょっと悔しい。PKで失点して負けたっていうのは。前半は相手を外せる場面もあったので、そういう時に上手く合わせて決め切りたい」という本人のコメントからも、ノーゴールに終わった無念さは窺えた。

 

 著者が記者席から観ていて感じたのは、鈴木のスピードを活かすようなロングボールが少なかった点だ。コロンビアの守備陣形を崩す意味でもロングボールで揺さぶりをかけてもよかったと思うが、「もっとロングボールが欲しかったか?」との質問に彼は次のように答えていた。

 「欲しかったですね。まあ、相手も結構僕たちのビルドアップに対してはめてきていた。そこで外せばチャンスになるというところで取られてしまった場面があるので、改善したいです。ひとつプレッシャーを掻い潜ったら絶対チャンスになるし、そうなれば前の選手の動きも生きてくると思います。苦し紛れのパスをもらうだけじゃなくて、ビルドアップでちょっと崩してはがしたところで駆け引きしたらもっとチャンスになるので、そこは改善していきたい」

 

 十二分に持ち味を発揮したとは言い難い鈴木だが、「ワールドクラスのCBとのバトルは楽しかった」。ただ、そうしたバトルの局面でも「競り合った時に近くの味方の状況を把握しながら落としたらチャンスになるというか、チャンスになるようにやっていきたい」と課題を口にする。ここからさらに成長するうえでのヒントを掴んだという点では、コロンビア戦は単に悔しい一戦ではなかったはずだ。

 

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事