【コロンビア戦・10番検証】香川真司が森保Jに持ち込んだ日本の「伝統的長所」。出場前後で崩しの質の違いは明白に…

【コロンビア戦・10番検証】香川真司が森保Jに持ち込んだ日本の「伝統的長所」。出場前後で崩しの質の違いは明白に…

2019.3.23 ・ 日本代表

シェアする

 香川真司の最大の特徴は、時間とスペースを限定された局面での解決能力なのだと思う。ユルゲン・クロップ監督が、ドルトムントに加入したばかりの香川をトップ下に据えたのも、相手に最も警戒されるバイタルエリア中央でパスを引き出し、攻撃に味つけをする才に着眼したからだろう。香川は、並の選手なら慌てふためくようなプレッシャーを楽しむかのように溌剌と輝き、ドイツの大男たちを翻弄し続けた。必然的に味方も香川を視野に入れ、ボールを集めるようになった。そしてロシア・ワールドカップでも似たような状況が何度も再現された。スペースが狭まりボール奪取に迫る相手を逆手に取るかのように、香川は落ち着き払って状況を打開した。


 

 ドイツへ渡る前の香川は、むしろサイドからのドリブラーの印象が濃かった。しかしアルベルト・ザッケローニ監督時代に左サイドでの起用が続くと、ドルトムント初期ほどの継続的な輝きは消えた。サイドに回れば余裕が生まれるが、使える時間が増える分だけ、個の仕掛けが必要になる。それでも適度にできてしまうから求められるのかもしれないが、おそらくそれは最大ではなく、次善の特徴なのだと思う。今なら明白だが、さすがに森保一監督も、中島翔哉、堂安律、乾貴士らをベンチに置いても、香川をサイドで使うことはないだろう。

  北京五輪で日本代表を指揮した反町康治監督(現・松本山雅)は「ライン間や人と人の間で受けてつなぐ練習を盛んにした」と振り返るが、もしかするとそこが香川の原点なのかもしれない。ライン間や2人のボランチの間、あるいはアンカーの脇などでボールを引き出し、少ないタッチで次のスペースへとボールを呼び込む。そんな状況が増えるほど香川の価値は高まる。そういう意味では、ロシア・ワールドカップや今回のコロンビア戦の香川は、適役を与えられたことになる。

 

 クロップ時代のドルトムントに象徴されるように、香川が攻撃の臍に位置し、香川のタクトでボールが動き出すと、ハイテンポな流れが生まれる。コロンビア戦でも、香川の出場前と後では、そこが明白に違った。前半は2列目の3人が個の力でゴールを脅かしたが、人とボールの流れは滞った。だが香川とともに乾や小林祐希、さらには鎌田大地も加わった終盤は、ポジションも流動化し崩しの質が高まった。

  例えば、右サイドに入った乾が中央に運び始めるのを見た香川は、右前方のスペースへと走る。一方で乾は左サイドの中島にあずけると、自らは大きく外側をオーバーラップ。これでコロンビアDF陣は全員がボールウォッチャーになったので、右サイドでステイした香川はフリーだった(乾がクロスを失敗)。

 

 さらにベテランになった香川は、視野を広げ展開力という武器を得た。3度のサイドチェンジを成功させ、左サイドでプレッシャーのかかった局面から、ボックス右の室屋成にピンポイントのミドルパスを送っている。結果的にはスピーディな連動とともに、ダイナミックな展開も発生した。堂安や中島は「個で仕掛ける」という従来の日本のテーマへの回答となったが、逆に香川や乾は伝統的な日本の長所を表現した。

  当然森保監督も今後は「個の突破、連係ともに高める」のが目標になる。そこで身をもって連係を引き出す香川という最適なプレーモデルは、改めてチームの伝統継承のためにも必要なことが証明された。他の選手に引き継ぐかどうかは、これからの香川のコンディション次第になる。

 

取材・文●加部 究(スポーツライター)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事