【新連載・東京2020】小川航基/後編「エース候補が抱く東京五輪への想い…強まるのは危機感」

【新連載・東京2020】小川航基/後編「エース候補が抱く東京五輪への想い…強まるのは危機感」

2019.4.15 ・ 日本代表

シェアする

 2020年に開催される東京五輪。活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る新連載だ。


 記念すべき1回目は、世代きっての点取り屋・小川航基が登場。桐光学園高ではキャプテンとしてチームを牽引し、16年に磐田でプロキャリアをスタートさせたFWは、17年のU-20ワールドカップで負った左膝の大怪我を乗り越え、昨季はJ1初ゴールを挙げた。徐々にクラブでも存在感を高めている21歳のストライカーはいかにして現在地へと辿り着いたのか――。五輪への意気込みを訊いた後編で窺わせたのは、強烈な危機感だった。

 

───◆───◆───

 

――東京五輪は、ご自身にとってどんな位置付けですか?

 

「ものすごく大きな大会です。自分の人生が変わるくらいに。日本開催なので、誰もが活躍を期待してくれている。自分のゴールで勝たせて、期待に応えたい。そういう意欲はかなり強いです。まずはメンバーに選ばれなければ始まらないし、だからこそ所属チームで結果を残さないといけません」

 

――いつから五輪出場を意識するように?

 

「真剣に出たいと思うようになったのは、U-20ワールドカップで怪我をした時からです(編集部・注/グループステージ2節のウルグアイ戦で左ひざ前十字靭帯断裂と半月板損傷を負う)。すごくショックだった分、あれをきっかけに代表について深く考えるようになったし、ふつふつと沸いてきたんですよ。必ずエースが帰ってきたと思わせたいって想いが」

 

――本大会まで残り約1年4か月。どう過ごしていきますか?

 

「他の選手にとってもそうですが、まずは今季の出来がすごく大事になる。今年で本大会に向けたチームの構成がだいたい固まってくるはずですから。所属チームで試合に出ていなければ、メンバーから落とされる。その危機感は強いです」

 

――五輪を見据えて今年から変えていることはありますか?

 

「トレーニング量を増やしました。それにオフの日もコンディション調整を優先して過ごすようになりましたね」

 

――どんなトレーニングを?

 

「ハイアルチっていう高山トレーニングです。低酸素状態のスタジオでランニングなどをして、あえて負荷をかけるんです。そうすると疲労が溜まりにくい身体になるんですよ。前十字靭帯を怪我してからどうしても足を攣ることが多く、それを改善しようと昨年の10月くらいから通い始めました」

 

――身体が変わってきた実感はありますか?

 

「徐々にスタミナがついてきたのが分かります。怪我から復帰したばかりの時は試合の70、80分ほどで足がピクピクしてしまっていたのに、今はそれがなくなりました」

 ――五輪を見越して動いているのは小川選手だけではありません。海外移籍に踏み切った選手もいます。

 

「先を越されたなって感じです。もちろんそれだけがすべてではないけど、海外クラブからオファーをもらって日本を出る挑戦はステップアップになるのは間違いない。僕もいずれは海外でプレーしたいと思っているので、負けていられない」

 

――好きなリーグやチームは?

 

「好きなチームはないですね。プレーするとしたらどこだろう……ドイツなんか良いですね」

 

――今は小川選手よりも若い選手が海外でプレーし、さらにA代表に入っています。焦りは?

 

「正直あります。これまで一緒にやってきた選手が結果を残して日本代表として戦っている姿を見ると、やっぱり悔しさは溢れてきます。その焦燥感を力に変えてピッチで表現していきたいです」

 

――U-22代表には上田綺世選手や旗手怜央選手など大学生も数名招集されています。また違う刺激を受けるのでは?

 

「そうですね。その前線のふたりはすごく良い選手です。プロとは違う環境でやっているので、学ぶことは多いです」

 

――特に上田選手はCFのポジションを争うライバルでもあります。どんな印象ですか?

 

「代表で知り合うまでは彼のことをあまり知らなかったんです。大学に行った知り合いから『止められない』と聞いていたくらいで。実際に一緒にやってみて、その凄さを身に染みて感じましたね。僕にないものを持っているなと。ただ逆に綺世が持っていないものを僕は持っている。激しいポジション争いでも、しっかりと勝っていきたいです」

 

――高卒でプロ入りした小川選手にとって、大学進学のほうが良かったと羨ましく感じる点はありますか?

 

「難しいですね。大学進学と高卒でのプロ入りは、正直どっちがいいかはまだ分からないです。世間的に見てもはっきりとした答えはありませんよね。ひとつ挙げるとすれば、試合数の違いでしょうか。大学もレベルが低いわけではないですが、出番は掴みやすいかもしれません。プロでは才能がないとなかなか1年目から試合に出られませんから」――同じ年代と争う大学と違って、プロではいろいろな年代の人との競争になります。吸収できるものは多いはずです。

 

「それは間違いありません。国内でトップクラスの選手と、日頃から練習や試合をやることで成長につながります」

 

――目標にしている選手はいますか?

 

「今は大迫(勇也)選手を参考にしています」

 

――A代表では、怪我(背中痛)をしている大迫選手の代役が見つからないと言われています。やはり燃えるものも?

 

「そうですね。大迫選手を脅かす選手がいない状況で、やっぱり自分がやらないといけないという気持ちはすごくあります。早くA代表に飛び込んでいきたいです」

 

――そのためにも東京五輪での活躍が大事になります。東京五輪後のビジョンはどう考えていますか?

 

「特に東京五輪の後というのは考えていません。むしろ東京五輪の前でいい。とにかく早く試合に出て、A代表に上り詰めたいんです」

 

――プロキャリアは思い描いた通りに進んでいますか?

 

「全然、理想通りではないです。プロ1年目からバリバリ点を取るつもりだったのに、そこからもう出端を挫かれたというか……プロの洗礼を浴びました。やはりレベルが高いなと」

 

――描いていたレールに戻るためには?

 

「腐らずにやるしかない。ポジション争いはどこにでもあって、力のない選手が落とされるのがプロの世界です。どんなに厳しい状況でも準備は怠らないようにしないと」

 

――チームで結果を残せば、再び森保監督の目に止まるはずです。

 

「僕はこれまで森保監督の下で1回もやっていないんです。僕が呼ばれた時はいつも横内(昭展)さん(ヘッドコーチ)が代行で監督をやっていて……。だから次、代表に招集された時にインパクトを残せるように、常に気は抜けません。1回1回の活動が大事になりますから」


取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)


(了)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事