ブンデス2部の上位対決は酒井高徳所属ハンブルクが土壇場でドロー! リーグ2位を維持

ブンデス2部の上位対決は酒井高徳所属ハンブルクが土壇場でドロー! リーグ2位を維持

2019.4.16 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間4月15日、ブンデスリーガ2部の第29節が行なわれ、現リーグ1位ケルンのホームに2位のハンブルクが乗り込んだ一戦は。1-1で引き分けた。


 ハンブルクに所属する酒井高徳は右SBで先発、伊藤達哉はベンチスタートとなったが、出場はしていない。


 2位に7ポイント差をつけて独走状態に入りつつあるケルンは、その充実ぶりを見せつけるゲームとなった。26分、右からのCKをマルコ・ヘーガーが巧みに頭でそらしたボールを、ドミニク・ドラクスラーがダイレクトで合わせ、1点を先制する。


 出鼻をくじかれたハンブルクは追いつこうと攻勢に出るが、前半はケルンの勢いに押し込まれ、1点リードされた状態で前半を折り返した。


 後半開始早々、酒井は度々前線に顔を出してチャンスを創出。ハンブルクはセットプレーなどでゴール前に迫るが、フィニッシュの精度を欠き、ゴールネットを揺らすことができない。酒井は80分にマニュエル・ウィントツィーマーと交代してピッチを後にしている。


 一方のケルンは74分には守備を1枚増やして守備を固めつつ、80分には”点取り屋”アンソニー・モデストを投入。


 両チームの交代策で試合が動き始めた85分、ハンブルクが右CKに合わせたウィントツィーマーが同点ゴールを決め、試合を振り出しに戻した。


 その後もお互いに一歩も譲らない。ゴール前に迫るプレーを見せながらも、得点は生まれずに終わり、試合は1-1で引き分けている。


 引き分けで1ポイントを獲得した両チーム。第29節を終えてケルンは首位を維持し、勝点を59に伸ばした。2位のハンブルクもひとつ積み上げて勝点52となり、3位のウニオン・ベルリン(勝点49)との差を3ポイントに広げている。だが、自動昇格圏の2位を維持するには、まだ予断は許さない状況だ。


 ハンブルクは次節、4月20日にアウエとホームで対戦。24日にはDFBポカール準決勝でRBライプツィヒと対戦する。10年ぶりの準決勝進出となったこの一戦に勝利すれば、バイエルン対ブレーメンの勝者と決勝で相対することになる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事