U-20日本代表が実戦形式のトレーニングを実施。安部や郷家などメンバーの並びは…

U-20日本代表が実戦形式のトレーニングを実施。安部や郷家などメンバーの並びは…

2019.4.16 ・ 日本代表

シェアする

 4月15日、U-20日本代表は国内合宿の2日目として、千葉県内でトレーニングを行なった。

 

 午後の練習では、ボール回しなどをこなした後、実戦形式のメニューを実施。ゲームのようにフィニッシュまで持ち込むことは少なく、11対11で選手を並べて、数分間だけ基本的な動きの確認をした。

 

 ビブスを着用したメンバーは4-4-2の布陣で配置し、最終ラインが右から石原広教、三國ケネディエブス(ともに福岡)、小林友希(神戸)、東俊希(広島)。中盤は右から山田康太(横浜)、藤本寛也(東京V)、伊藤洋輝(名古屋)、安部裕葵(鹿島)が並び、2トップは宮代大聖(川崎)と郷家友太(神戸)が置かれた。

 ちなみに、菅原由勢(名古屋)、橋岡大樹(浦和)、関川郁万(鹿島)、中島元彦(C大阪)、斉藤光毅(横浜FC)、西川潤(桐光学園高)は、コーチとミックスして相手役に入っている。

  

 橋岡や斉藤光などを筆頭に、13、14日に所属クラブでリーグ戦に出場した選手もおり、最後にセットプレーの練習をしてトレーニングは終了。国内合宿の最終日となる16日には、全日本大学選抜との練習試合を行なう予定だ。

 

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事