槙野が見せた1対1の“本気”。守備のバランスが改善された韓国戦

槙野が見せた1対1の“本気”。守備のバランスが改善された韓国戦

2015.8.6 ・ 日本代表

シェアする

「スペースがなく、難しいゲームになった。日本は我々を研究し、1戦目とは異なる予想外のチームになった。日本が守備的に戦ったのは、我々をリスペクトしたということ。韓国のサッカーにとっては、大きなステップだ」(韓国代表、ウリ・シュティーリケ監督)


敵陣からハイプレスを仕掛けた北朝鮮戦から、日本代表は守備のやり方を変更した。リトリートして自陣にブロックを引き、ハーフコート・プレッシングを中心として試合に臨んでいる。


この試合には大きな目標があった。それは、1戦目の反省を生かすということ。北朝鮮との試合では、いくつかの問題点が浮上していた。主なポイントは以下になる。


①守備の連動がなく、全体が間延びしたこと

②縦に急ぎすぎる無理パスが多く、緩急をつけなかったこと

③長身FWへの空中戦対策


問題が重なり、暑い気候の中で選手が次々とガス欠を起こしたのが、北朝鮮戦の後半だ。韓国戦では、これらを解消する必要があった。


守備ブロックを作り、韓国の攻撃を迎え撃つ


4-1-4-1で守備をする日本は、前半5分、高い位置へポジションを取った韓国の左サイドバック、イ・ジュヨンに対して、永井謙佑がマークしたままズルズルと引いてディフェンスラインに吸収されるシーンがあった。


「(韓国の)サイドハーフの選手が中に来ていたので、(遠藤)航から、『中へ行って』という声があって。そこで中に入って、(マークを)受け渡す感じでやっていました」(永井)


相手サイドバックの上がりを遠藤航に任せ、守備ブロックのポジションを保つ。序盤は少し不安定な部分もあったが、この試合でよく聞こえた『コーチング』が随所で行われ、日本の4-1-4-1のブロックは、早い段階で形ができた。


「(相手のサイドバックがボールを持ったとき)『あまり縦パスを入れさせないでくれ』と言われていました。相手にでかい選手がいたので、そこに一発で放り込まれないように、縦パスを切ってくれということで。相手の利き足を切りながら、センターバックに戻させて、ボールを持たせるイメージでやっていました」(永井)


統制のとれた守備が、スタミナ温存につながる


そして、この4-1-4-1のブロックを“コンパクト”に保つために、存在感を発揮したのが、センターバックの森重真人と槙野智章だ。


「前線は前に行きたい、ただ、後ろは我慢したい。僕と森重のところから、そこでうまく意志の疎通が図れていたのが、今日の試合だったと思います。前線の選手は、前からプレスに行きたかったと、言っていましたけど、『ここは待て』とか、『ここは我慢するとき』とか、『今は行け』とか。そのメリハリがうまくはまり、前の選手をコントロールできたのかなと思います」(槙野)


守備ラインは低くなったが、“中盤の間延び”は大きく解消された。その結果、日本は1戦目とは違い、フィジカルコンディションを最後まで保つことができた。


「1戦目は心肺的にすごくしんどかったですけど、2戦目はしっかりと自分たちの間合いでやっていたので、1戦目ほどはしんどくなかったです。1戦目は本当に縦、縦で体力的にしんどかったので、2戦目は持てるところはしっかりボールを持ったし、速攻で行けるときは行こうということで、選手と監督で話し合っていました」(永井)


守備のバランスの改善。縦に行けないときは、ボールを持つ時間を増やす。これまでのやんちゃなサッカーから、大人のサッカーに調整した。


守備ラインを高く保ち、複数人で長身FWを囲む


そして、長身FWキム・シンウへの空中戦対策も明確だった。アンカーに入った藤田直之が、韓国のトップ下の8番チュ・セジョンにマンツーマンで付く。そして長身の1トップ、9番キム・シンウに対しては、センターバックの槙野智章と森重真人が2人で対応する。


「彼をペナルティエリアに入れないように、後ろは最終ラインをストップさせて、前の選手との距離を縮めることが、非常に大切だった。1試合目にはなかった、周りの近いポジションの選手で挟み込んだりとか、連係の部分では非常にうまく守れたと思います。『守備的』とは言いますけど、ラインは下げなかったし、ボールを奪ってから縦に速くということは考えてやっていました。あまり攻められているという感触はなかったです」(槙野)


ディフェンスラインを高くする意識を、彼が強く持っていることは十分に伝わってきた。


特に象徴的なシーンは、後半44分、左サイドで槙野がファールを犯したあとだ。韓国のフリーキックに対し、ポジショニングの小競り合いで審判の笛が吹かれ、槙野と相手の選手が、注意を受けるために呼ばれた。


すると、槙野は審判の求めに応じて歩み寄りつつ、味方に両手を広げて、今だ!押し上げろ!と指示を出した。わずか2メートル程度のラインアップ。しかし、確実に、韓国の選手をゴールから遠ざけることに成功した。


そして、GK西川周作が動けるスペースが広くなったことで、このフリーキックは西川がダイレクトキャッチし、事なきを得ている。槙野の隠れた好プレーだった。


サッカーは混沌をベースとした、騙し合いのスポーツだ。経験の大切さは、こういうところに出てくる。審判の注意に素直に応じるふりをして、ラインを上げてしまえ。姑息と言ってしまえばそれまでだが、筆者はこれを、槙野の『本気』と受け取った。もちろん、その理由はわかっている。


「北朝鮮戦は、2mくらいある選手に、僕が最後に2点目を食らったので、同じ失敗はあってはならないと思っていました。逆にチャンスだと。同じような相手がこうやって来るということは、試されていると思ったし、何度かファウルがありましたけど、高さとデュエル(球際の奪い合い)という部分では、気持ちと戦う姿勢を出せたんじゃないかと思います」(槙野)


守備は及第点だが、カウンターの精度に課題を残す


この韓国戦を総括するなら、1戦目の反省が、かなり生かされた2戦目だったと言える。その点は良かった。しかし、それは言うならば、最低限のノルマを果たしたに過ぎない。


後半28分、途中出場でトップ下に入った左利きの17番、イ・ジョンスが巧みなターンから左足のシュートを打ったとき、筆者は「この展開は相手が強豪国なら失点してるな…」と感じざるを得なかった。


結局のところ、日本は2点目を取ることができていないし、カウンターも消化不良だ。海外組がいるときのカウンターは、たとえば3月のウズベキスタン戦や6月のイラク戦のように、ブロックを低くした状況からも、岡崎慎司、香川真司、本田圭佑ら、複数人が近い距離感でスピードアップし、その中でも正確にボールコントロールしてゴールを陥れている。相手が違うとはいえ、あのクオリティーとは、まだまだ大きな差がある。


まだ中国戦が残されているが、とにかく、何よりも期待しているのは、この経験をJリーグへフィードバックすることだ。セカンドステージでは「あの選手、変わったな」と、印象を刻み込んでほしい。(文・清水英斗)


写真提供:getty images

シェアする

最新記事