迫力と勇気に欠けたカウンター、快速FWに期待されていた事

迫力と勇気に欠けたカウンター、快速FWに期待されていた事

2015.8.6 ・ 日本代表

シェアする

かつて岡野雅行という快速FWがいた。W杯初出場を決めるアジア第3代表決定戦で、劇的なVゴールを決めた。「犬にも走り勝つ」とも言われた韋駄天ぶりは圧倒的スピードを誇ったが、スキルの高い選手ではなく、実際、イージーなシュートを外してサポーターを落胆させることも少なくなかった。


だが、外しても外してもゴールに向かって加速していく姿は魅力的で、いつしか浦和レッズの看板選手となった。代表を外れても、多くのサポーターに愛された。代表選手としてのピークはあのジョホールバルかもしれないが、選手としてのピークは長かった。それは岡野がチャレンジし続けた結果だろう。ミスを恐れず、チャレンジを繰り返して成長した。彼だけでなく、ゴン中山にしても、グランパスで活躍した森山泰行にしても、数々の失敗を乗り越えて信頼を勝ち得ていったわけだ。


永井謙佑に求められていることは、基本的に岡野と同じだ。彼に華麗なパスや、魔法のようなドリブルを期待しているわけではない。ゴールに向かって快速を飛ばし、相手DFを置き去りにして無力化することだ。永井が決めなくてもそのスピードを恐れ、相手がバランスを崩す。事実、ロンドン五輪はそうやって日本をベスト4まで導いた。ブラジルW杯には縁がなかったが、ハリルホジッチが監督に就任し、呼ばれるべくして呼ばれたはずである。2試合連続してスタメンに選ばれたのは献身的に守備を期待されたわけでも、パスをさばいて欲しいからでもない。単騎でも相手に脅威となるその脅威的なスピードを、加速を見せて欲しかった。


代わって入った浅野も同様だ。特に試合終盤、相手にも疲れが出ている中。スピードが最も活かせる状況であり、タイトルマッチとはいえチャレンジが許されている場である。勇気のあるトライが見たかった。さすれば、例えチャンスを活かせなかったとしても、自分にもチームにも次のステップが見えたはずだ。

シェアする

最新記事