【U-20日本代表】中村敬斗が猛アピール。久保や安部の代役になれる可能性は…

【U-20日本代表】中村敬斗が猛アピール。久保や安部の代役になれる可能性は…

2019.5.14 ・ 日本代表

シェアする

[トレーニングマッチ] U-20日本代表5-0流通経済大/5月13日/千葉県内グラウンド


 5月23日から開催されるU-20ワールドカップに向け、U-20日本代表が13日に流通経済大とのトレーニングマッチを実施。本大会へ弾みをつける、5-0の快勝を収めた。

 

 この試合、週末のリーグ戦に出場した選手には出番を与えず、コンディションを調整。「GKはふたり、フィールドは11人。プレーできる人間が限られていた」(影山雅永監督)なか、アピールに成功したのは左サイドハーフで先発した中村敬斗(G大阪)だ。

 

 44分、右サイドを駆け上がった喜田陽(福岡)のクロスに合わせ、豪快ボレー弾。チームの2点目を奪い、「クロスから合わせて点も入れたし、アピールになったんじゃないですかね」と手応えを述べた。

 

 ただ、好パフォーマンスを見せたのはゴールだけではない。前線からハイプレスをかけて相手のパスを引っかけることもあれば、プレスバックしてボールも奪取。90分フル出場したなかで運動量を落とすことなく、「守備の部分でもよく走れていた」(中村)。影山監督が「ケイト、ナーイス!!」と鼓舞する回数も多く、ハーフタイムには1対1で熱心に指導する一面も垣間見えた。

 その守備やオフ・ザ・ボールの動きはG大阪の宮本恒靖監督から鍛えられたそうで、今年に入ってからはU-23代表の森下仁志監督に“守備もしたなかで”自分の一番大事な武器を発揮できるように磨かれた。その賜物がルヴァンカップ・清水戦(〇3-1)でのゴール。相手DFを背負いながらも左サイドをドリブルでぶっちぎり、豪快に右足で蹴り込んだ。だからこそ、中村は「ガンバに入って変わったので良かった」と言う。

 

 今年に入って初招集ということもあり、中村は「ギリギリ入れたのは承知の上」と述べる。そして、ワールドカップは「ガッツリ、本気で諦めずに狙っていましたし、久保(建英)と安部(裕葵)が上に行くということで、空く可能性がある。そこをスレスレでも狙うことは考えていて、それでルヴァンカップでも結果を残したからここにいると思います」。自らの立ち位置を理解した上で、G大阪での成長がメンバー入りにつながったと自負する。

 

 そこで気になるのはA代表招集を見込まれて選外となった久保や安部の代わりになれるかどうかだ。本人の言葉通り、守備やオフ・ザ・ボールが所属クラブで成長したなか、ドリブルや得点という武器を発揮できるようになった。その能力はこの世代屈指で、久保や安部にも引けを取らない。

 

 唯一の懸念点は久々の招集による連係面。今後のトレーニング、さらには17日に現地・ポーランドで行なうU-20コロンビア代表との練習試合で改善できれば、23日の初戦・エクアドル戦でスタメンの可能性は高まるだろう。

 

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画