【連載・東京2020】岩崎悠人/後編「京都発、札幌経由、東京行き――。4年に1度の祭典に懸ける想い」

【連載・東京2020】岩崎悠人/後編「京都発、札幌経由、東京行き――。4年に1度の祭典に懸ける想い」

2019.5.14 ・ 日本代表

シェアする

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。


 2回目は、世代屈指の突破力を誇る岩崎悠人が登場。京都橘高ではキャプテンとしてチームを牽引し、最終学年の高校サッカー選手権では2回戦で、杉岡大暉(現湘南)、原輝綺(現鳥栖)を擁する市立船橋高と大会史上稀にみる激闘を繰り広げた。0-1で敗れたものの、いまだ記憶に残っているファンも多いはずだ。

 

 卒業後は京都に加入し、1年目からレギュラーとして活躍。プロ入り3年目の今季は札幌に移籍し、J1デビューを飾った。


 3月中旬のU-23アジア選手権予選でも躍動した20歳のアタッカーは、ここまでいかなる道を歩んできたのか。後編ではプロ入り後の歩み、東京五輪への想いを存分に語ってくれた。クラブ、U-22代表ともに熾烈な定位置争いをいかに勝ち抜くのか。岩崎の胸中に迫る。


前編はこちらから



中編はこちらから



───◆───◆───

 

――プロ入りを意識し始めたのは?

高2の夏ですね。FC東京の練習に参加してからですかね。

 

――複数のクラブが獲得に動いていたなかで京都に決めた理由は?

だいぶ悩みましたね。J1の舞台でやりたいと思いもあったんです。でも、僕は高校3年間を過ごした京都でサッカー人生を変えることができました。なので、京都に貢献したいなという想いからクラブを選びました。

 

――プロ入り後、高校サッカーと一番違うなと感じた点は何でしょうか?

一番は勝つためにプレーをしないといけない点ですね。高校は頑張ればOKだったのですが、プロは頑張っただけでは褒められない。一番勉強になったのは(田中)マルクス闘莉王さんですね。僕が1年目の時は本職のCBではなく、FWで起用されていましたけど、本当にマイボールにする力があった。何かしらファウルをもらうことや、CKを獲得していたんです。チームが勝つことに徹していて、勉強になりました。

 

――ピッチ外でも学ぶことはすごく多そうですね。

そうですね。ランチにもよく連れて行ってもらいましたし、色んなことを経験させてもらいましたね。

 

――一番印象に残っている話はありますか?

ずっとけなされて、色んなことを言われましたね。それしか記憶にないんです(笑)。試合中もそうですし、冗談も混ぜながらですけどプライベートもそうでしたね。

 

――プロ意識を学ぶ機会にもなったと思います。

本当に戦う選手。闘莉王選手の背中を見て、戦う姿勢はすごく学ばせてもらいました。――先輩の姿を見ながら、1年目は35試合に出場しました。レギュラーの座を掴んだ一方で、得点はふたつ。高校時代からゴールにこだわってきたなかで、納得がいかなかったのでは?

高校時代とは違い僕はサイドハーフで、前線には闘莉王さんとケビン(オリス)がいました。そういう意味では高校と違うプレーをして、アシストも8つ記録できたので、また違う貢献の仕方を学べましたね。1年目は個人的には良かったと思います。

 

――2年目は33試合の出場で1点に終わりました。そこはどう感じていましたか?

2年目に関してはあんまりスタメンで試合に出られなかった。その中で闘莉王さんに毎日いろいろ教えてもらいながらやっていましたね。さっきの話に戻りますけど、闘莉王さんの存在は僕の中ですごく大きかったんです。

 

――そこから新天地を求め、今季から札幌に加わりました。移籍の決め手は?

昨シーズンを見て、すごく面白いサッカーだなと思っていたんです。そして、ミシャさん(ペドロヴィッチ監督)と一緒に仕事をしたいと感じたのが一番大きかった。札幌では出場機会が少なく、5節の名古屋戦でようやくJ1デビューができました。そこは監督やスタッフの皆さんに感謝しかないのですが、自分の中でミシャさんの戦術にまだハマっていないところがある。もっと成長しないといけないと感じています。

 

――現状に焦りはないのでしょうか。

出られないのは当たり前のこと。本当に成長して、課題を少しでも改善していくことが先だと考えています。

 

――ただ、どんな状況であってもU-22代表に名を連ねています。世代別代表に初めて招集されたのは高校1年生の冬でした。一番最初に選ばれた時の心境は?

代表は全然意識していなかったんですよ。1年生の選手権が終わった後、高校選抜に選出されました。それを見た内山篤監督(編集部・注/2015年から17年までU-18代表からU-20代表の監督を歴任)が代表に呼んでくれたんです。本当にタイミングが良かった。内山監督には感謝しています。

 

――代表に入って感じたことは?

高1の時は迷いながらプレーをしていましたけど、代表に行って自分の良さは何かというのを思い知らされました。背後への抜け出しで起点を作り、ゲームの流れを変える。代表でもサイドに流れながらそういう動きをしていたので、自身の特長に気付かされたのは大きかったですね。――海外の相手とやっても通用するなという手応えは?

ありましたね。でも、厳しいなと思ったところもあります。一番そう感じたのは高校3年生の時のU-19アジア選手権決勝のサウジアラビア戦です。背後に抜けるだけでは自分のところにボールが入ってこなかった。もっと間で受けて、足もとでチャンスを作れる選手になりたいと感じましたね。

 

――プロ1年目の2017年にはU-20ワールドカップも経験しました。ただ、小川航基選手(磐田)が大会2戦目に右膝を負傷。岩崎選手への負担も大きくなりました。

悔しい結果に終わったのですが、良い経験でした。ただ、小川君が怪我でいなくなったのは痛かった。今までFWとしての役割がはっきりしていて、裏に抜けて起点を作れば良かったんです。でも、離脱したので、誰が点を取るのか。そこがチーム内でも分からなくなりました。「僕が点を取らないといけない」という想いを持ちながら、今まで担ってきた役割もこなさないといけない。チーム事情もあって、僕自身もどっちを選択すればいいのかが分からなくなったのが正直なところです。結局、無得点に終わった。焦りもあり、すごくプレッシャーもあった。とにかく苦しかった大会でしたね。

 

――その後も世代別代表に招集され、東京五輪を目指すU-22代表では多くの活動で名を連ねています。特に昨年8月のアジア大会でゴールを量産しました。当時、クラブでは苦しんでいたので、色んな重圧から解放されて、野性味あふれる本来の姿が戻ってきたのでは?

あの大会は森保一監督からボールを持ったら、自分の好きなようにやってくれと言われていたんです。自由にやって、戦ってほしいと。そのおかげで自分が出た最初の試合で得点が取れたので、勢いにも乗れましたね。

 

――今年3月のU-23アジア選手権予選は攻撃陣に多くのゴールが生まれました。ただ、岩崎選手は1、2戦目でネットを揺らせず、最終戦で2得点を挙げました。それはホッとしたのでは?

焦りはあったので、3試合目で得点を取れたのは自信にもなりましたけど、本当にホッとしましたね。

 

――ホッとしたところからどう今後につなげていきたいですか?

1点目のシーンも今までであれば慌ててシュートを打っていた場面でした。でも、GKを見て決め切れた。そこは札幌に来てミシャさんの練習で培った成果。相手を見ながらプレーすることを要求されていたので、自分の中でひとつ成長が見えたゴールでした。

 ――メンバー選考がスタートしているなかで、東京五輪への想いを教えてください。

東京五輪への思いは本当に強い。まずはメンバーに入らないといけない。なので、まずは札幌で試合に出ないといけないですね。東京五輪は自国開催なので誰もが憧れる大会。誰にでもチャンスがあるので、掴み取りたいですね。

 

――東京五輪は目標でもあるとともに、今後に繋げる上でも重要な大会です。

そうですね。本当に(堂安)律や冨安(健洋)もA代表で活躍をしています。そういう意味では結果を出して、A代表に入っている状況が当たり前の状況にしないといけない。

 

――最後に東京五輪出場への決意を聞かせてください。

数少ない活動の中で目に見える結果を残すことが大事。まずはメンバーに入ることが大事なので、チームでしっかりと活動したい。今は試合に出られていない状況なので、毎日の練習を全力でやっていきたいです。

 

――U-20ワールドカップでは敗退後に、光と影という言葉で得点する側とアシストする側の話をしていました。ゴールへの想いは今も変わっていないですか?

そうですね。得点で自分を示したい。貪欲にゴールに向かうプレーをしたいですね。


───◆───◆───

PROFILE

岩崎悠人/いわさき・ゆうと/1998年6月11日生まれ、滋賀県出身。172㌢・69㌔。金城JFC―JFAアカデミー福島U-15―彦根中央中―京都橘高―京都―札幌。J1通算4試合・0得点(5月14日時点)。J2通算68試合・3得点。京都橘高では1年次から活躍。同年には選手権ベスト8を経験した。卒業後は京都に加入。1年目からレギュラーとして活躍し、プロ3年目を迎えた今季から札幌でプレーをしている。世代別代表の常連であり、2017年のU-20ワールドカップにも出場。20年の東京五輪でも活躍が期待される有望株だ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事