【森保ジャパン最新序列|GK&DF編】守護神争いは混沌。吉田不在のCBで期待したいのは…

【森保ジャパン最新序列|GK&DF編】守護神争いは混沌。吉田不在のCBで期待したいのは…

2019.5.23 ・ 日本代表

シェアする

 5月23日、日本サッカー協会はキリンチャレンジカップのトリニダード・トバゴ戦(6月5日@豊田スタジアム)とエルサルバドル戦(6月9日@ひとめぼれスタジアム宮城)の2連戦に挑む日本代表メンバー27人を発表した。

 

 6月14日にブラジルで開催されるコパ・アメリカは選手への“拘束力”が働かないため、若手メンバー中心で臨むことが予想されるが、Aマッチデーに行なわれる今回のキリンチャレンジカップには中心選手を招集。「戦術浸透を深めることと、今後のワールドカップ予選の準備をしたい」と森保一監督も意気込む。では、その6月シリーズに挑む27人のポジションごとの序列はどうなっているのか。ここでは、GKとDFについて考察する。【GK】

〇シュミット・ダニエル(仙台)

〇権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)

△川島永嗣(ストラスブール/フランス)

△大迫敬介(広島)※初招集


◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 

 珍しく4人体制となったなか、今年1月のアジアカップで正GKを務めた権田修一が、森保ジャパンでの実績ではリードする。もっとも権田は今年初めに移籍したポルティモネンセで出場機会を掴めず、最終節でようやく新天地デビューを果たしたばかりと、試合勘に不安を残す。それは森保ジャパン初参加となる川島も同様だ。

 

 一方で常時ピッチに立っている仙台のシュミットはパフォーマンスは悪くないとはいえ、チームの不調の影響で12試合で19失点。そう考えると、レギュラーを確約された選手はおらず、初招集の19歳・大迫を含めてアピール合戦が行なわれそうだ。


【CB】

◎昌子 源(トゥールーズ/フランス)

◎冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)

〇畠中槙之輔(横浜)

△槙野智章(浦和)

△植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)

△中山雄太(ズヴォレ/オランダ)※初招集

 

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 

 リーダー格の吉田麻也は肺炎の影響で「コンディションが100パーセントに上がっていない」(森保監督)と今回は未招集に。そのため軸となるのは3月22日のコロンビア戦でコンビを組んだ昌子と冨安だ。

 

 特に冨安は「1試合1試合をしながら成長を見せてくれている」と、指揮官から期待を寄せられており、昌子とともに最終ラインを牽引する働きが求められる。

 

 また3月26日のボリビア戦でスタメンとして代表デビューを飾った畠中も引き続きメンバー入り。自慢のフィード力を活かしつつ、昌子と冨安の間に割って入りたい。

 

 楽しみなのは、昨年9月11日のコスタリカ戦以来の復帰となった植田と、A代表初選出の中山だ。ともにベルギーとオランダで激しいレギュラー争いに身を置いており、逞しく成長した姿を見せてもらいたいところ。植田は空中戦の強さ、中山は足もとの技術の高さをアピールしたい。ちなみに中山はボランチも務められるだけに中盤での起用も考えられ、今回のCBの数の多さを考慮すると、槙野は左SBとの兼用になりそうだ。【右SB】

◎酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

〇室屋 成(FC東京)

【左SB】

◎長友佑都(ガラタサライ/トルコ)

△槙野智章(浦和レッズ)


◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 

 今年1月のアジアカップで主軸を担った長友と酒井が順当にメンバー入り。このふたりが序列の1番手であることに変わりはない。

 

 一方、右SBで酒井に挑むのが、Jリーグ首位のFC東京を支える室屋だ。粘り強い守備は定評があるだけに、クロスからのアシストなど目に見える結果を残せるかが焦点になる。

 

 対して左SBは、森保ジャパンの常連だった佐々木翔(広島)が招集外。そのため、本職は長友だけで、前述したようにバックアッパーには槙野が回りそうだ。

 

文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事