【森保ジャパン最新序列|MF&FW編】初選出の久保の立ち位置は?注目は南野と香川のバトル

【森保ジャパン最新序列|MF&FW編】初選出の久保の立ち位置は?注目は南野と香川のバトル

2019.5.24 ・ 日本代表

シェアする

 5月23日、日本サッカー協会はキリンチャレンジカップのトリニダード・トバゴ戦(6月5日@豊田スタジアム)とエルサルバドル戦(6月9日@ひとめぼれスタジアム宮城)の2連戦に挑む日本代表メンバー27人を発表した。

 

 幾人かの若手メンバーが招集されたなか、メンバー27人のポジションごとの序列はどうなっているのか。ここでは、MFとFWについて考察する。


 【ボランチ】

◎柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)

〇橋本拳人(FC東京)

〇小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

〇守田英正(川崎)


◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 

 軸になるのは今年1月のアジアカップを含めて中盤を仕切っている柴崎だろう。所属するヘタフェでは相変わらず出場機会が限られるが、森保監督の信頼は変わらないはずだ。

 

 そこで焦点になるのは、柴崎の相棒争い。今回招集されたのは橋本、守田、小林の3人で、橋本は90分、小林は88分、守田は98分と森保ジャパンでのプレー時間に差はない。今までどおり、6月シリーズでも平等にチャンスを与えられるのかもしれない。

 

 ただ、コンディションではJリーグ首位のFC東京でレギュラーを務める橋本に分がありそう。小林も所属チームでアピールを続けているが、負傷明けの守田は調子が完全に戻ったとは言い切れない状況だ。



 【サイドハーフ】

◎中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)

◎堂安 律(フローニンヘン/オランダ)

〇伊東純也(ヘンク/ベルギー)

〇原口元気(ハノーファー/ドイツ)

△久保建英(FC東京) ※初招集

 

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー

 

 森保ジャパンの顔と言える中島と堂安は、今シリーズでも不動の存在だろう。もっともこのふたりを欠くと攻撃の質が落ちるのはチームとしての大きな課題で、伊東と原口の巻き返しにも期待したい。森保監督は招集メンバーにできるだけ均等に出場機会を与えてきただけに、伊東と原口は今シリーズでも一定のプレー時間は得られるはず。そのチャンスを活かしたい。

 

 また大きな注目を浴びるのはA代表初選出の久保だ。現状では右サイドの3番手という立ち位置だが、持ち前のテクニカルなプレーで存在価値を高めるかもしれない。

 【2トップ】

◎大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

◎南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)

〇香川真司(ベジクタシュ/トルコ)

△鈴木武蔵(札幌)

△岡崎慎司(レスター/イングランド)

 

 エース大迫はチームの柱だが、問題なのは彼の代役が見当たらないこと。同じ特長を持った選手を探すのは難しいものの、大迫にトラブルが起こった際に備え、鈴木、そして森保ジャパン初招集の岡崎をテストすることになるだろう。彼らをチームとして活かせるかは、今シリーズの大きなテーマになる。

 

 一方セカンドアタッカーの座を争うのは南野と香川だ。森保ジャパンでの実績を考慮すれば、南野が一歩リードするも、3月シリーズで初めて森保監督の下でプレーした香川は結果こそ残せなかったが、チームメイトからの評判は悪くなかった。南野がポジションを守るのか、香川が再び輝きを放つのか、チーム内で最も楽しみな競争と言えるだろう。

 

文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画