U-20W杯初戦、南米王者エクアドルに先制されるも粘り強く戦ったU-20日本代表が勝ち点1をゲット

U-20W杯初戦、南米王者エクアドルに先制されるも粘り強く戦ったU-20日本代表が勝ち点1をゲット

2019.5.24 ・ 日本代表

シェアする

日本時間24日、U-20W杯の初戦が行われ、U-20日本代表はU-20エクアドル代表と対戦。前半終了間際に1点を失った日本だが、後半23分に山田康太がゴールを決め、1対1の引き分け。大事な初戦で勝点1を手にした。


日本のスタメンはGK若原智哉、最終ラインは右から菅原由勢、瀬古歩夢、小林友希、東俊希。ダブルボランチにキャプテンの齊藤未月と伊藤洋輝。右に郷家友太、左に山田康太。2トップに田川亨介と斉藤光毅が入る、4-4-2でスタートした。


立ち上がりから、ボール支配するのは南米王者エクアドル。若き日本代表は守備のブロックを作って迎撃し、中盤ではキャプテンの齊藤未月が鋭い出足でボールを奪い、フィニッシュに結びつけようとする。


日本の最初のチャンスは前半21分。後方からのパスに抜け出した斉藤光毅がGKと1対1を迎え、シュートを打つが、ゴールライン直前でクリアされて得点ならず。


前半36分にはU-20南米選手権得点王のカンパーナに決定機を作られるが、GK若原がシュートをストップ。一進一退の攻防が続く。


先手をとったのは南米王者エクアドル。レフティのプラタを起点に高い個人技でボールを保持し、左右にパスを散らして攻め込むと、前半44分にはセットプレーから日本のオウンゴールを誘い、エクアドルが1点リードして前半を折り返す。


ビハインドを跳ね返したい日本。後半開始からFW斉藤光毅に替えて、宮代大聖を投入。得点力に優れたストライカーを送り込み、エクアドルのゴールをこじ開けようとする。


後半5分、日本をピンチが襲う。コーナーキックのプレーから郷家の手にボールが当たったとして、PKの判定。絶体絶命のピンチを救ったのが、GK若原だった。レサバラのキックを読み切ってストップ。ビッグセーブで追加点を許さない。


日本は後半21分、郷家に替えて高校生の西川潤を投入。攻撃力に優れたレフティを入れて、流れを変えようと試みる。すると直後の後半23分、GKのクリアを拾った山田が右足で蹴り込み、日本が1対1の同点に追いつく。


同点のまま時計の針は過ぎ、後半アディショナルタイムに突入。日本は同点ゴールを決めた山田を下げて、アタッカーの中村敬斗を投入する。勝ち越しを狙うがゴールはならず、1対1でタイムアップの笛を聞いた。


初戦で南米王者に引き分け、勝点1を得た日本。次の相手は強豪メキシコ。勝って決勝トーナメント進出を引き寄せたい2戦目は、26日(日)22時30分キックオフ。試合の様子はBSフジとJ SPORTS2で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事