「いつもと違う…」無得点の2トップが揃って語ったのは? 南米王者が見せた圧巻の対人守備

「いつもと違う…」無得点の2トップが揃って語ったのは? 南米王者が見せた圧巻の対人守備

2019.5.24 ・ 日本代表

シェアする

[U-20ワールドカップ グループB]U-20日本 1-1 U-20エクアドル/5月23日/ブィドゴシュチスタジアム

 

 エクアドル戦に先発した斉藤光毅と田川亨介の2トップは、どちらも無得点に終わった。

 

 まず、前半で交代となった斉藤が口を開いた。

 

「前半に出てなかなかボールも受けれず、距離感も悪い感じだったので、自分のなかでは課題が多く残りました。いつもだったら通用しているドリブルも引っかかったりとか、取られるシーンとか結構あったので、初戦で高い授業料を払って、それを学ばせてくれたのは大きいのかなと思いますね」

  前を見つつも、得意のドリブルが封じられてしまい、悔しさはより大きい様子だった。いつも(=Jリーグ)と違ったのは「足が伸びてくる」点で、これは田川も実感したシーンがあった。17分、ペナルティエリア手前で仕掛けるも、相手DFに防がれた場面だ。

 

「(相手は)身長が高かったし、あの切り返しに足が伸びてくるのは、正直、南米選手ならではだと思いました。なかなかJリーグだったら、日本の選手だったらついてこれないかったかなと思います」


 田川も斉藤と同じように「足が伸びてくる」ディフェンスを実感していた。


 ただ、山田康太のゴールでドローに持ち込み、勝点1を得た。初戦・エクアドル戦の反省を次に活かしてチャレンジはできる。

 

 斉藤は「それでも触られない突破力をつけたい」と意気込み、田川は「自分のストロングを出していければ」と述べる。

 

 南米王者が見せつけた圧巻の対人ディフェンスに挑んだ経験を糧にし、メキシコ戦やイタリア戦などにつなげられるか。斉藤と田川のパフォーマンスに注目だ。

 

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画