「学生時代はずっと弱いチームにいた」伊東純也がベルギー王者となって凱旋帰国! 来季CLで最も対戦したい相手は?

「学生時代はずっと弱いチームにいた」伊東純也がベルギー王者となって凱旋帰国! 来季CLで最も対戦したい相手は?

2019.5.26 ・ 日本代表

シェアする

 今年2月、柏レイソルからベルギーのゲンクに移籍した伊東純也が5月22日、ベルギー・チャンピオンになって日本に凱旋した。

 

 サッカー選手にとってタイトルは大切な勲章。とりわけ海外では、選手の価値は獲得したタイトルによって決まると考えられている。

 

 このことで思い出す選手がいる。

 川崎時代のヴェルディと鹿島アントラーズで優勝請負人となったビスマルクだ。ゴール後の十字ポーズで人気になったブラジル人は、試合後に話を聞きに行くと、いつも日本語で自分が獲得したタイトルを挙げていた。

「これだけタイトルを持っているのだから、自分はとても価値のある選手だ」と言いたいのだ。

 

 さて、移籍1年目でのリーグ優勝を、伊東は心から喜んでいた。

「8年ぶりの優勝が決まって、街の人たちはちょっとヤバいくらい騒いでいました。2日間、シャンパンとビールを飲みまくりですもん。びっくりしました」

 

 狂喜乱舞する街の人々、それだけがうれしかった理由ではない。伊東にとっては、これがプロ初のタイトルだったからだ。

 

「ぼくが加入したとき、すでにチームは首位だったので、これで優勝できなかったら……という重圧はちょっとあったかな。だから安心したところもあるんですけど、なにより優勝できたというのがうれしくて。だってぼく、プロはもちろん、子どものころからほとんど優勝したことがないですから」

 

「優勝……いつ以来かなあ」と言って、伊東は遠い目をして考え込む。

 「レイソルでもヴァンフォーレでも優勝したことはないし、大学もいいところまで行ったことはあっても、結局勝てなかった。高校も中学も弱かったなあ。小学校のころは……。あれ? あったかも。それでも地元横須賀の、三浦半島大会みたいなものですよ。でも、一度勝ったくらいかな。いずれにしろ、学生時代はずっと弱いチームにいたから、優勝経験がほとんどない。だから、やっぱり優勝っていいなあと思ったんです」

 

 移籍1年目で優勝した伊東には、来季大きな楽しみが待っている。チャンピオンズ・リーグだ。

「強いチームがいっぱい出てるイメージですね。対戦できるなら全部対戦したいくらいですけど、ひとつ挙げるならバルサですね。ぼくは相手を見て緊張したりしませんが、メッシだけは特別。だれが見たってすごいじゃないですか。一度、一緒のピッチに立ちたいですね」 日本を飛び出してヨーロッパへ、そしてチャンピオンズ・リーグへ。活躍の場は大きく広がる。

 これこそが、伊東が待ち望んでいたものだ。

 

「26歳のヨーロッパ移籍って、正直遅いじゃないですか。ゲンクでもぼくは年齢的に上の方で、若手が次々出てくる。サッカー選手は現役の時間が短いから、一年も無駄にできないんですよ。ですからやれる間に、どんどん大きい舞台に出て行って活躍しなきゃと思うんです」

  キャリアは有限。そのことを知る伊東は、目の前の一戦、この瞬間のプレーに全力を傾ける。その果敢な姿勢と爆発的なスピードは、地元ファンを魅了。伊東が仕掛けるたびに、ゲンクの本拠地クリスタル・アレナは「イトー」の大合唱に包まれるようになった。

 世界最高峰の舞台チャンピオンズ・リーグに挑む来季は、勝負のシーズン。遅咲きのスピードスター、伊東から目が離せない。

 

取材・文●熊崎 敬(スポーツライター)


日本代表の“快足ウイング”伊東純也はじめての著書!

自慢のスピードを分析して、メソッド化した一冊『子どもの足がどんどん速くなる』(アスコム刊/本体1,300円+税)。驚きの効果を是非体験してください!

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事