強豪メキシコに3−0快勝!U-20日本代表が決勝T進出に向けて大きく前進

強豪メキシコに3−0快勝!U-20日本代表が決勝T進出に向けて大きく前進

2019.5.27 ・ 日本代表

シェアする

日本時間26日、U-20W杯の2戦目が行われ、U-20日本代表はU-20メキシコ代表と対戦。若き日本代表は強豪メキシコを相手に奮闘し、宮代大聖の2ゴールを含む、3対0で快勝。2試合を終えて1勝1分とし、決勝トーナメント進出を決定的なものにした。


日本のスタメンは初戦から3人をチェンジ。GK若原智哉、最終ラインは右から菅原由勢、瀬古歩夢、小林友希、鈴木冬一。ダブルボランチにキャプテンの齊藤未月と藤本寛也。右に斉藤光毅、左に山田康太。2トップに田川亨介と宮代大聖が入る、4-4-2でスタートした。


開始1分、メキシコA代表にも選ばれたMFディエゴ・ライネスのスルーパスを受けたFWデ・ラ・ローサが、GK若原と1対1を迎える。左足で放たれたシュートは若原が足でクリア。守護神が、初戦に続くビッグセーブでゴールを死守する。


最初にゴールネットを揺らしたのは日本。前半21分、相手のクリアボールを拾った藤本が浮き球で前線にパスを送ると、宮代が左足でダイレクトシュート。ゴール右隅に突き刺し、先制点をマークした。


前半36分には右からのクロスを田川が頭で合わせ、ゴールに突き刺したが、わずかにオフサイド。得点こそならなかったが、鮮やかな崩しでフィニッシュまで持ち込んだ場面だった。


後半に入っても日本は攻勢に出る。後半6分には宮代、齊藤未月が立て続けにシュートを放つと、このプレーで得たコーナーキックを田川が頭で合わせ、追加点をゲット。2点にリードを広げる。


後半31分、斉藤光毅に替えて中村敬斗を投入。直後、田川とのパス交換から宮代が決めて3点目。試合を決定づける。後半35分には藤本を下げて、伊藤洋輝を送り込む。その後も日本は攻守にバランスよく戦うと、後半42分には2ゴールの宮代に替えて、原大智を投入。交代カードを使い切る。


最後まで集中を切らさず戦った若き日本代表は、強豪メキシコ相手に3得点、失点をゼロに抑えて完勝。この結果により、2試合を終えて勝点4を獲得。決勝トーナメント進出に大きく前進した。


試合後、影山雅永監督、2ゴールの宮代ともに「グループ突破が決まったわけではない。次に向けて、いい試合ができるように準備したい」と気を引き締め、視線を3戦目に向けた。


グループ1位の座を賭けて戦う、3戦目の相手はタレント軍団のイタリア。試合は5月30日(木)、午前1時キックオフ。BSフジとJ SPORTS2で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事