昨夏世界を制した「ヤンなで」主将が女子W杯デビュー! “憧れ”熊谷紗希とのコンビで無失点に貢献も自己評価は厳し目?

昨夏世界を制した「ヤンなで」主将が女子W杯デビュー! “憧れ”熊谷紗希とのコンビで無失点に貢献も自己評価は厳し目?

2019.6.11 ・ 日本代表

シェアする

女子W杯グループリーグ第1戦]日本0-0アルゼンチン/6月10日/パリ

 

 約1年ぶりにフランスへ帰ってきた南萌華。昨夏、世界を制したヤングなでしこ=U-20日本女子代表でキャプテンとして戦った彼女が、この日のスターティングメンバーに選ばれた。横にいるA代表キャプテン熊谷紗希とのコンビは、幾度かのピンチを凌いで無失点で終えた。勝点3という結果はついてこなかったが、上々の初戦だったのではないだろうか。

 


 高倉麻子監督は、若い選手たちの逞しさを「世界を制した自信」に結びつけることが多い。そういう意味で、南は昨夏のU-20女子ワールドカップ以外に、U-17女子ワールドカップの優勝メンバーでもあり、世界大会の金メダルをふたつ保持している。

 

 優勝した2大会で、南の役割は異なっていた。昨夏のU-20ではキャプテンという重責を担った南だが、2014年のU-17女子ワールドカップ(コスタリカ)では、パラグアイ戦に出場しただけで、ベンチを温める時間が長かった。そうしたポジションの経験が発奮材料にもなった。

 

 以後、浦和レッズレディースでも徐々に頭角を現わし、2018年にはレギュラーポジションを手にしている。そしてU-20女子ワールドカップ優勝を経て、昨秋、鳥取でのノルウェー戦に備えた代表合宿に招集を受ける。チャンスの女神に後ろ髪はない。常に準備をしてきた南は、タイミングを逃さなかった。

  アメリカ遠征前には「(将来的には)代表に定着していきたいなとは思っているんですけれども、一つひとつの合宿に呼ばれることが目標。そしてそれぞれの合宿でしっかりとアピールをして、その先の女子ワールドカップまでしっかり選ばれたいと思っています」と、地に足のついたコメントを残していた。

 

 そして「リスクを減らしてタテに急ぐU-20」と「後ろから丁寧につなぐなでしこ」の違いにも、「本質的な部分では、日本のサッカーはどのカテゴリーでも大きく変わらない」とポジティブに取り組んで、アメリカ遠征2戦目のブラジル戦で初キャップを刻む。ここからFIFAランキング上位の強豪国とのゲームに5試合連続出場。女子ワールドカップ初戦のピッチに立った。

  アルゼンチン戦では「小さい頃から憧れの選手だった」という熊谷、そして鮫島に挟まれる形でプレー。前半から、糸を引くようなボールをサイドに散らし、堂々とプレーした。試合が引き分けに終わったこともあり、本人はまず課題を口にした。

 

「(後半、自分のミスから与えてしまった決定機など)ビルドアップの所で何度かミスがあったので、そこをなくしていかなければ行けませんし、もう少し攻撃の部分で得点につながるようなパス、ボール運びをやっていけたらよかったのかなと思います。

 

 鮫島選手のところで、相手のラインの裏を突いたりとか、そういう変化は加えながらできたんですが、自分のところでフリーだったので、もう少しボールを前に持ち込んだり、前の選手の動きを待つといったプレーがあってもよかったのかなと思います」(南)

 

 DFであっても、無得点の責任の一端が自身にあると考える。それは、守備専門の選手ではないという自負もあるだろう。

 

 次節以降は、スコットランド、イングランドとの対戦が続く。この日のアルゼンチンとは異なり、ショートカウンター狙いで強烈なプレッシャーをかけてきそうだ。

 「今日は引いた相手を崩しきれませんでしたが、この後は、また少し違った相手だと思います。もう少し食いついてくれた方が、自分たちにとっていいと思います。前に食いついてくるプレッシャーを正面から受け止めたりせず、うまく外しながら、トライしていけたらいいかなと思います」

 

この日は、見せ場が少なかったが、ヘディングはとにかく得意。Jヴィレッジの合宿では、元日本代表の秋田豊さんにクロスでの競り合いについて教わり、「まだ伸びしろがある」ことに気が付いた。大会前に「高さと体格が私の持ち味。『なでしこのヘディング』はこの人だと言われるようにしていきたい」と語っていたが、その力を発揮する場面がいよいよ訪れる。

 

取材・文●西森 彰(フリーライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事