【現地発】「高みから転落したニッポンヌ」フランス紙が、なでしこジャパンの”慢心ぶり”を酷評

【現地発】「高みから転落したニッポンヌ」フランス紙が、なでしこジャパンの”慢心ぶり”を酷評

2019.6.11 ・ 日本代表

シェアする

 女子ワールドカップのアルゼンチンとの初戦をまさかのドローで終えた日本について、開催国フランスのメディアは6月11日、「高みから転落した日本女子」との見出しで辛口の評価を与えた。


 試合が始まった直後は、中継局『Canal+Sport』が日本を詳細に、好意的に紹介していた。


 まずプレースタイルについて、「周知の通り、粘り強く守り、高さがない分テクニックとパスのクオリティーにものを言わせ、小さなスペースでもうまく繋いできます。実際、テクニックで(アルゼンチンを)上回っていますね」と解説。メンバーについても、「再建中で若い選手が多い。以前のようには輝いていないものの、上位進出を目指せるポテンシャルを秘めています」と強調した。


 また、リヨン所属の熊谷紗希については、「サキはいいシュートを持っているんです。(ボランチを務めることが多い)強豪リヨンでは多彩な攻撃陣がいるので中盤の底に残っていますが、ゴールも決めている。PK戦になると真っ先に名が挙がる存在です。今大会も中盤でプレーしたかったと思いますが、(日本代表では)CBで起用されています」と詳しく紹介された。


 そして、なでしこジャパンのメンタリティーについても称賛。「日本人は一日4時間も練習します。ヨーロッパではけっして実現できないことです。もっとも、監督やコーチの指示に従わざるを得ないため、彼女たちには拒否できないという面もあります。ただ、それだけの練習を積んだから、ハイレベルにプレーできるようになったということですね」と言及し、知日派の分析が続いた。

 ところが、パスは繋ぐものの攻撃の形が作れない日本の姿が明らかになると、トーンが変化。ハーフタイムのスタジオでは、「テクニックがあるのは明らかだが、縦へのプレーができていない。2011年、2015年と比べるとレベルが低すぎ。やる気も感じない」という辛辣な意見も飛び出した


 後半は時間が過ぎるにつれ、中継を担当するアナウンサーが「ドローならアルゼンチンは勝利も同然です!」と興奮し始める。


 解説者も「日本が迫力不足なのに対し、アルゼンチンはパワフルで動きもいい」、「日本はもっと人数をかけて攻撃しないとダメです。2、3人で攻撃しても、ブロックを固められているので突破できません」、「少なくとも、もっと前線に飛び出すべきです」、「(交代出場の)岩渕が何かをもたらすかと思いましたが、効果は特になし。戦術も変わらないですねぇ」と失望調に変化したのだ。 そして中継アナは83分、「日本のパスは526本とすごい数ですが、結局は何ももたらさず、非生産的と言うしかない」、「これはアルゼンチンの快挙です!」と叫んだ。


 試合翌日の日刊紙『L'EQUIPE』は、囲み記事で「高みから転落したニッポンヌ(注・日本人の女性表現のひとつ)」と酷評。パルク・デ・プランスに大勢の日本人サポーターが詰めかけたが、「若い選手たちが動揺していた」、「一種の慢心が見えた」と綴っている。


 さらにメイン記事でも、「ニッポンヌは昨日まで、ワールドカップ優勝、そして準優勝、アジアカップ2連覇のステータスに支えられ、(勝利の)可能性は高かった。たしかに試合は支配し、テクニックで上回り、ポゼッションは6割を超えた。だが、横山(久美)のロングシュート(50分)と長谷川(唯)の遅すぎたトライ(91分)を除けば、決定機を作り出せなかった」とシビアに分析した。

 対照的に、アルゼンチンについては、これまでカオスのような時期を過ごし、ほとんど試合もせず、お金もなく、ワールドカップで1勝もできていなかったと紹介した。


 このドローで「彼女たちは歴史的快挙を実現した」と強調した。「地獄の魔人のごとく守り抜き、まさに男子でも有名な、あの切り札を使って自分たちの限界を補完した。それは”グリンタ(ど根性)”である」と賛辞を送っている。


 そして最後は、監督の冷静な言葉の引用で締めくくった。「日本相手にプレーできるとしたら、われわれにはこのやり方しかなかった。ゴール前を固めて、それから正確にカウンターを仕掛けることだった」――。


 フランス国民は常に弱者と苦労人の味方で、試練を乗り越えてきたアルゼンチンに拍手を送っている。だが日本に対しても、「この失望から立ち直れるか?」という好奇心がふつふつと沸いている。


文●結城麻里

text by Marie YUUKI

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画