U-16日本代表が東欧の古豪ルーマニアと激しい鍔競り合いの末、PK戦で勝利

U-16日本代表が東欧の古豪ルーマニアと激しい鍔競り合いの末、PK戦で勝利

2019.6.13 ・ 日本代表

シェアする

12日、『U-16 INTERNATIONAL DREAM CUP 2019 JAPAN presented by 朝日新聞』の初戦が宮城県・ユアテックスタジアム仙台で行われ、U-16日本代表がU-16ルーマニア代表と対戦。前半40分に先制を許した日本だったが、後半33分に途中出場の千葉寛汰のゴールで追いつくと、1対1でPK戦に突入。GK高橋が相手のキックをストップし、PK戦の末に強豪ルーマニアから勝点2を奪った。


過去に久保建英、斉藤光毅などが活躍し、スターへの登竜門となった同大会。彼らに続く選手は誰になるのか? 注目のスタメンはGK高橋一平、最終ラインは右から森田翔、諏訪間幸成、工藤孝太、松木玖生。ダブルボランチに豊田晃大とキャプテンマークを巻いた山根陸。右に中村仁郎、左に山崎太新。2トップに原直生と河野孝汰が入る、4-4-2でスタートした。


日本のチャンスは前半24分、右サイドで中村、森田とつなぎ、ファーサイドにクロスを入れる。河野がヘディングで狙うが、ゴールに左に反れた。直後の26分にはボランチの豊田が決定機を迎えるが、GKの好セーブに遭い、ゴールはならなかった。


前半30分には豊田がヒールで落としたボールに対し、中村が得意の左足を振り抜くが、ゴールの枠をとらえることはできない。


日本がチャンスを迎える中、先制したのは東欧の古豪だった。前半40分、ルーマニアのニツァがドリブルで持ち込むと、対峙する森田をかわし、右足を振り抜いた。スピードとフィジカルに優れるルーマニアに個の力を見せつけられ、若き日本代表はビハインドを背負うことに。


後半開始から、左サイドの山崎、FW原に替えて、三木仁太、勝島新之助を投入。後半5分には河野が山根とのパス交換で持ち上がり、左足でシュートを打つが、GKがブロック。こぼれ球を豊田が左足で狙うが、ゴールの枠を外れた。


後半17分には河野、中村に替えて千葉寛汰、東廉を投入。アタッカーを変えて、攻撃に変化をつけようと試みる。そして後半33分、ルーマニアの堅守をついにこじ開ける。途中出場の千葉、勝島の2トップでパスを交換して相手を崩すと、千葉がGKと1対1になり、左足で流し込んだ。


直後、豊田に替えて大迫蒼人を投入。後半35分には大迫が左サイドで粘り、勝島の落としを千葉がダイレクトシュート。これは惜しくもGKの正面を突いた。選手交代が奏功し、同点に追いついた日本。後半43分には勝島がゴール前で左足を振り抜くが、わずかにゴール右に外れた。


最後まで怒涛の攻撃を繰り広げた日本だったが、勝ち越し点は奪えず、1対1で試合終了。大会規定によりPK戦に突入し、GK高橋の好セーブもあり、PK4対2で勝利。勝点2を獲得した。


試合後、山橋貴史監督は「苦しいゲームだったが、選手がよく頑張ってくれた。後半は慌てることなく、ボールを動かしながらプレーして、交代の選手が期待に応えてくれた」と振り返り、次のナイジェリア戦については「独特のリズム、身体能力がある。日本人の良さを出して、課題を修正して望みたい」と力強く語った。


次戦のナイジェリア戦は14日17時50分より、スカサカ!/Ch.800(スカパー!)/Ch.580(スカパー!プレミアムサービス)で生中継される。


シェアする

最新記事