「日本には素晴らしいクラックがいる」「もっと見たかった」南米のサッカーファンは森保ジャパンを高く評価

「日本には素晴らしいクラックがいる」「もっと見たかった」南米のサッカーファンは森保ジャパンを高く評価

2019.6.25 ・ 日本代表

シェアする

 6月24日、ブラジルで開催されているコパ・アメリカのグループリーグ第3戦が行なわれ、日本はエクアドルと1-1のドローに終わり、決勝トーナメント進出を逃している。


 日本は3試合を終えて2分1敗という成績を収めた。だが、意外にも現地サポーターの投票によって決まる各試合ごとのマンオブ・ザ・マッチ(MOM)には、ドローに終わったウルグアイ戦、エクアドル戦では、相手チームではなく、日本の選手が選ばれている。


 先のウルグアイ戦では、2ゴールを奪った三好康児が選出された。


 コパ・アメリカのSNSではトロフィーを片手に微笑む三好の写真がアップされている。この投稿のコメント欄には、英語やスペイン語、ポルトガル語で発信された、現地ファンからの率直な反応が寄せられた。


 ウルグアイ戦についてはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の運用についてひと悶着あったことについてのコメントも目立ったが、日本代表チームへの好意的な評価も多かった。


「日本の活躍はすばらしい」「ナイスゲームだった!」「正直、日本の勝利のようなものだと思った」といった試合内容の称賛。そして、三好に対しては「スーパー三好!」「当然の選出だ」「彼こそがこの試合においてMOM。文句なし!」「日本のクラック!」「君は南米のレジェンドになった」といった様々な称賛が送られている。

 また、エクアドル戦でMOMに選出されたのは日本の先制ゴールを生んだ中島翔哉だ。


「日本には素晴らしいクラックがいるね」「ナカジマは輝いていた!」「檻から放たれた小さなモンスターだ!」「君は南米、そして欧州のどこででもプレーできるだろう」といった称賛が多数寄せられた。また、MOMのプレゼンターとしてスタジアムを訪れていたバレーボール元ブラジル代表のレジェンド、フェリペ・フェレスも拍手を送っている。


 こうした日本代表の“健闘”ぶりは、南米サッカーファンにとって、やはり意外だったようだ。


 予選敗退と、そして健闘を認めたファンからは、日本に対して「本当に良いチームだった」「思った以上に戦っていた。その姿勢が素晴らしい」「この2試合で僕はすっかり彼らのファンだ」「もう日本を見られないのはさみしい」「決定機さえ外さなければ…本当に惜しかった。楽しませてもらったよ!」といった称賛が多数寄せられた。スタジアムでも、日本代表に声援を送る現地サポーターが少なくなかったようだ。


 こうした期待を寄せられていたからこそ、予選敗退が悔やまれるところ。若き日本代表選手たちは来年の東京五輪で、再び南米を楽しませるようなプレーを披露できるだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事