「拒否するようではトップにいけない!」堂安律、久保建英らの台頭に闘志! 新シーズンの目標は――

「拒否するようではトップにいけない!」堂安律、久保建英らの台頭に闘志! 新シーズンの目標は――

2019.6.25 ・ 日本代表

シェアする

 6月25日、都内で行なわれたスイスの高級腕時計ブランド『ウブロ』のチャリティーイベントに出席した堂安律が日本代表への想い、そして自身の夢を語った。


 この日のイベントでは、招待された子どもたちとドリブルチャレンジやキックターゲットなど様々な企画に挑戦し、溌溂とした姿を見せた堂安。日本サッカー界期待のホープは、イベント後に開かれた取材において、まず、2018-19シーズンを「(生まれてから)21年間で一番働いた一年だった。刺激のあるシーズンでもあった。色んな葛藤や変化がありながら、凄く成長がありましたね」と回想した。


 コパ・アメリカに参戦し、惜しくもグループリーグ敗退となったものの、ウルグアイと好勝負を演じるなど、欧米メディアから高い評価を得た日本代表への想いも口にした。


「僕が言うのも何ですけど、逞しいというか、日本人らしく最後までハードワークして戦っていた。オフ期間中にこれ以上ない刺激をいただけたなと思います」

 そのコパ・アメリカでは、同じレフティーで、レアル・マドリー移籍が決まった久保建英をはじめ、同学年の三好康児ら東京五輪世代の台頭が目立った。そんな年齢の近いライバルたちのA代表での活躍に堂安は、「ありがたい」と切り出し、闘志をむき出しにした。


「そういう環境に身をおけるのは幸せなことだと思います。それを拒否するようでは、サッカー選手としてトップに行けないので、むしろ歓迎して負けじと頑張りたいですね」


 来る新シーズンは、欧州に挑戦して3年目となる。「ようやくスタートラインに立てたと思っている」と意気込んだ日本代表MFは、「ここからまた化けられるように、進化できるように頑張りたい」と力を込めた。


 イベント中には子どもたちからの「将来の目標は何ですか?」という問いに「チャンピオンズ・リーグの優勝です。それに尽きます」と力強く語った堂安。果たして、21歳の俊英は、来夏の東京五輪を前にした19-20シーズンでいかなる成長を見せてくれるのか――。そのパフォーマンスに注目したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事