「いずれスペインをも征服する!」東京散策のバルサ番記者が、久保建英の尋常ではない人気ぶりを体感!

「いずれスペインをも征服する!」東京散策のバルサ番記者が、久保建英の尋常ではない人気ぶりを体感!

2019.7.23 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表FW久保建英は現在、レアル・マドリーの一員として北米ツアーに参加中。かたや、“白い巨人”の永遠のライバルであるバルセロナは週末に来日を果たし、チェルシー、ヴィッセル神戸とのプレシーズンマッチを戦う予定だ。

 

 そんななか、バルサのアジアツアーに帯同しているスペイン全国紙『AS』の番記者がユニークなレポート記事を掲載しているので、紹介しておこう。執筆しているのはハビエル・ミゲル記者で、東京都内を散策するなどして感じたところをまとめ、「日本では誰もクボを忘れてはいない」と題したコラムをアップした。

 

 文字通り、日本における久保人気を実体験した内容で、以下のように綴っている。

 

「日本フットボール界の真珠の影は、いまだ東京では長く伸びたままだ。巨大なフットボールショップのウインドウに大きく登場すれば、テレビCMで躍動し、キオスクに置かれた専門誌の表紙を堂々と飾っているのだ。彼は日本のフットボールファンの関心を独り占めしているかのようで、今回レアル・マドリーと契約したことで、名実ともに日本のトッププレーヤーと見なされている」


  さらにミゲル記者は、原宿にある有名なサッカーショップを訪問して驚かされたという。

 

「マドリーのレプリカユニホームを求める客が殺到していた。日本ではマドリー・ファンよりもクボ・ファンのほうが間違いなく多く、その数は途轍もない。ただこれからそのファンたちはみな、マドリーを応援するだろう。(マドリーは)自動的に日本人のファンを取り込んだことになるのだ」

 

 最後に「日本にいてクボを意識しない瞬間がないほどだ。彼は疑いなき日本のスターで、いずれはスペインをも征服するだろう!」とまで言い放ったミゲル記者。さすがはマドリーをヨイショする贔屓紙だけに、そこはかとなく、「バルサが逃がした魚は特大だ」とでも言いたげだ。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事