「悪魔のような左足」「壊滅的なショックを与えた!」堂安律の今季初ゴールにオランダ・メディアも驚嘆

「悪魔のような左足」「壊滅的なショックを与えた!」堂安律の今季初ゴールにオランダ・メディアも驚嘆

2019.8.11 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間8月10日に行なわれたエールディビジ第2節で、フローニンヘンは本拠地でトゥベンテと対戦した。


 この試合はフローニンヘンにとっては厳しい展開となった。前半終了間際に立て続けに二人が退場となって数的不利となると、55分に中村敬斗、70分にVAR判定の末に取られたPKをアイトール・カンタラピエドラにれ決められ、突き放されてしまったのだ。


 劣勢のフローニンヘンで、気迫のこもったプレーを見せたのは、日本代表MFの堂安律だった。


 最大の見せ場が訪れたのは84分。敵陣のバイタルエリアでルーズボールを拾うと、そのままゴール方向へとドリブルし、左足を一閃。20メートルはあろうかという距離からの強烈な一撃をゴール右下隅へ突き刺さしたのだ。


 その後、トゥベンテのハリス・ヴクキッチに3点目を決められ、フローニンヘンは1-3で敗れたものの、静まり返っていたスタジアムを沸かせる今シーズンの自身初ゴールを決めた堂安には、地元メディアも賛辞を贈っている。

 地元メディア『NOS』は、「ホームチームは奇妙な裁定に苦しんだが、ドウアンのゴールで自信を取り戻した」と綴れば、オランダのラジオ局『RTV』は、「ドウアンがフローニンヘンにとって唯一の希望だった」とそのパフォーマンスを絶賛し、さらに次のように続けた。


「ドウアンがまるで悪魔のような左足でのシュートをボックスの外から放って、トゥベンテのGKドロンメルに壊滅的なショックを与えた時、フローニンヘンは消えかけていた希望を取り戻した」


 ガンバ大阪の後輩にあたる中村との日本人対決に敗れはしたものの、今シーズンのエールディビジ初ゴールを決めた堂安は、次節以降も調子を持続できるか。なお、第3節の相手は菅原由勢が在籍するAZだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事