「リツを信じるまでだ…」堂安律が試合直前に離脱…PSV移籍に向けた欠場説にフローニンヘン監督の回答は?

「リツを信じるまでだ…」堂安律が試合直前に離脱…PSV移籍に向けた欠場説にフローニンヘン監督の回答は?

2019.8.19 ・ 日本代表

シェアする

 やはり堂安律のPSV移籍は、間近に迫っているのかもしれない。


 現地時間8月18日に行なわれたエールディビジ第3節のAZ戦で、先発メンバーに入っていたフローニンヘンの堂安だったが、試合開始直前になってメンバーから外れた。


 先週末にエールディビジ屈指の強豪PSVへの移籍が秒読み段階に入ったと取り沙汰されていただけに、今回の急な欠場を受け、契約交渉がいよいよ大詰めを迎えたと見る地元メディアも少なくない。

 一体なぜ、堂安は欠場したのか。オランダ・メディア『FOX Sports』の取材に応じたフローニンヘンのダニー・バイス監督は、次のように回答している。


「リツはアップを途中で切り上げた。いまの彼はサッカーをするコンディションではないと感じている。フィジカル的か、それともメンタル的にか? 私はフィジカルだと思う。酷い頭痛に苦しんでいると聞いている」


 当然、巷で囁かれているPSV移籍の可能性とそれに関連した欠場なのかも問われたが、バイス監督は、「あえて言わせないでくれ。私以外の人に尋ねるといい」と牽制したうえで、「頭が痛いと言うのだから、私はリツを信じるまでだ」と堂安への信頼を強調した。


 はたして、今回の欠場は移籍交渉に関係するものなのか。真相は不明だが、いずれににしても、日本の若武者の動向から目が離せない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事