「シバサキに恋をした」柴崎岳の出色なデビュー戦を地元紙が大絶賛! 採点ではチーム最高の「8点」の評価

「シバサキに恋をした」柴崎岳の出色なデビュー戦を地元紙が大絶賛! 採点ではチーム最高の「8点」の評価

2019.8.19 ・ 日本代表

シェアする

 巧みな動きでチームの勝利に貢献した日本代表MFの柴崎岳に対する評価が、うなぎ上りとなっている。


 現地時間8月18日に行なわれた2019-20シーズンのラ・リーガ2部の開幕戦が行なわれ、デポルティボ・ラ・コルーニャは本拠地リアソールでオビエドに3-2と勝利した。


 土壇場の88分に勝ち越しゴールを挙げ、スペイン屈指の古豪が快哉を叫んだこの一戦において出色のパフォーマンスを披露したのが、4-2-3-1のボランチで90分フル出場を果たした柴崎だ。


 立ち上がりから両軍が激しい肉弾戦を繰り広げるなか、柴崎もフィジカルコンタクトに応戦。さらに18分には自陣でのパスカットから敵陣へ運んで左サイドへ素早くボールを展開し、最終的にママドゥ・コネが決めた先制ゴールの起点となった。


 攻守のバランスを取りながら局面で積極的に顔を出すなど、チームの舵取り役として奔走した日本代表MFに対して、地元メディアも手放しで賛辞を贈っている。

 地元紙『La Voz de Galicia』は、寸評・採点では柴崎にチーム最高点の「8」をつけ、「ボランチとしてプレーし、輝かしいデビューを飾った。そのパスとドリブルで相手のラインを破り、守備のために身を粉にして働き、著しい活躍を見せた」と絶賛。さらに同紙は別の記事でこうも綴っている。


「リアソールに詰めかけたサポーターは1部昇格を夢見られることをシバサキに確信させられ、彼に恋に落ちた。この日本人はデビュー戦で輝き、デポルティボの彼への投資が間違っていなかったことを明確にした」


 また、スペイン・メディア『El Desmarque』のラ・コルーニャ版も、柴崎のパフォーマンスを次のように褒めちぎった。


「ピッチ中央で自由自在にプレーした。ドリブルを仕掛け、リスクを伴うパスを幾度も通し、守備面での仕事も張り切ってこなした。日本人による見事なステージングだったと言えるだろう」


 デポルティボでの公式戦デビューを華々しく飾った柴崎は、ますます注目度や期待感が高まるなかで、より決定的な仕事ができるのか。スペイン挑戦4年目のサムライのパフォーマンスから目が離せない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事