「アジアの大きな希望」「平然と素晴らしいパスを…」久保建英が見せたヒールパスをスペイン・メディアが絶賛!

「アジアの大きな希望」「平然と素晴らしいパスを…」久保建英が見せたヒールパスをスペイン・メディアが絶賛!

2019.9.11 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間9月10日、ミャンマーの首都ヤンゴンで行なわれたワールドカップ・アジア2次予選。敵地に乗り込んだ日本代表は、土砂降りの雨とデコボコのピッチという悪条件に苦しみながらも、中島翔哉と南野拓実のゴールで2-0と打ち勝った。


 危なげない戦いを披露するなかで日本は80分に久保建英をピッチに送り込む。これがワールドカップ予選初出場となったヤングスターは、風間八宏(当時筑波大、現名古屋監督)が1980年に記録した19歳67日を更新する18歳と98日というワールドカップ予選における日本代表の史上最年少出場を果たした。


 日本サッカー史に名を刻んだ久保は10分足らずの出場に、「大して何かしたというのはないので、うーん。ていう感じですね」と淡々と振り返ったが、見せ場がなかったわけではない。82分には、酒井宏樹からのパスをダイレクトでのヒールパスでリターンし、鈴木武蔵が得た決定機の起点となった。


 久保が見せた遊び心に富んだプレーにはスペイン・メディアも脚光を当てている。マドリードに拠点を構える全国紙『AS』は、「ベンチから出てきたクボがバックヒールで相手ディフェンダーを欺く」と見出しを打ち、動画付きで次のように描写している。


「レアル・マドリーから貸し出されているマジョルカのプレーヤーは、ファーストプレーで素晴らしいパスを繰り出して、チャンスを創り出した」

 また、欧州サッカーの情報を日夜発信している専門サイト『Be Soceer』のスペイン版は、「残り時間10分ぐらいで投入されたタケフサ・クボは素晴らしいクオリティーを見せつけた」と久保のプレーを絶賛した。


「私たちはクボを見るのに80分も待たなければならなかったが、アジアの大きな希望の一つである彼はいつものように平然と素晴らしいヒールパスを味方に繋いだ」


 スペイン・メディアからも賛辞を送られた久保。その高品質のプレーをマジョルカに戻っても見せることができるかに注目だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事