「完勝すべき試合で完勝を収めた。ただ…」熟練の英国人記者がミャンマー戦の森保Jを斬る!

「完勝すべき試合で完勝を収めた。ただ…」熟練の英国人記者がミャンマー戦の森保Jを斬る!

2019.9.12 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表が力強いスタートを切った。


 火曜日にミャンマーで行なわれたワールドカップ・アジア2次予選の初戦。ボールが上手く繋げられない滑りやすいピッチだったが、選手たちはまるで氷の上でバランスを取るかように巧妙なプレーをみせた。用心しながら我のリスクを回避して、長短織り交ぜた素早いパスワークを実践しながら、ゲームをコントロールし続けたのだ。


 あのヤンゴンのピッチを見て、ふと思い出した。遠い昔の幼少期、わたしも沼のようなピッチでよくボールを追いかけたものだ。いまや環境に恵まれている日本代表の選手たちにとって、さすがにあのレベルのピッチでプレーするのは稀なケースだろう。技巧を発揮するのは簡単ではないはずだが、換言すれば、彼らはものの見事にその状況下でも技巧を見せつけていた。見事というほかない。


 積極果敢に仕掛け、ボランチやサイドアタッカーもどんどん前線へと飛び出す。前半の良い時間帯に綺麗なゴールを立て続けに決めた。大迫勇也や南野拓実はボックス内のスペースを的確に見つけては、上手く活かしていただろう。橋本拳人の再三のミドルシュートも印象的だった。直前のパラグアイ戦では守備面で大きな役割を果たしていたが、ミャンマー戦では攻撃面でも十分にアクセントになれることを証明したのである。


  日本の先制点は素晴らしかった。堂安律の鋭いタックルから迅速に左サイドへ展開し、中島翔哉が持ち前のカットインから絶妙なカーブのかかった芸術的なショットを蹴り込んだ。チームとしての積極性、連動性、そして高い技術が凝縮されたファインゴールだろう。2点目の南野が決めたヘディングゴールも、堂安の反応の良さから生まれた。


 完勝すべき試合で、完勝を収めた。そう考えれば、さほど称賛に値するゲームではなかったのかもしれない。ただあの相手に対して2ゴールしか奪えなかったからといって、批判的な見地に立つのはどうかと思う。兎にも角にもワールドカップ予選の初戦という独特の緊張感のあるゲームを、きっちりモノにした点は称えられて然りだ。 それでも、決め手を欠いた後半の内容はやはり気になるだろうか。


 日本代表は少しずつ、相手にとって危険な場面を作れなくなっていった。試合が進むにつれてミャンマー代表に、落ち着きが出てきたのだ。彼らはどうやってもゴールは奪えなかっただろうが、少なくとも大敗を避けるイメージは共有できていたのではないか。なぜだろうか。


 当然ながら、難しいコンディションのなかで日本の選手たちの疲労が蓄積していた。加えて2点のリードがあることで、ぬかるんだピッチの上で怪我などのリスクをとる必要性もなくなっていた。


 一方で、ミャンマー代表の決然とした対応もあった。マーキングやインターセプトのタイミングが少しずつ上手くなっていたし、ゴール前の大迫が厳しい局面に置かれる場面も増え、後半はその傾向はどんどん強くなっていった。容易く日本のミドルシュートを許さなくなり、日本のシュート精度自体も落ちた。森保一監督が途中から2トップに切り替えたのも、そのあたりの閉塞感が気になっての采配だろう。


  初戦で3ポイントを掴んだ事実は揺るがないし、批判の的になどなりようがない。格下の相手が死に物狂いで全員守備の先方を貫いてきたのだから。ただ、キックオフ直後からミャンマーが後半のような対応をしてきていたらどうだったか。4年前のワールドカップ予選の初戦、シンガポール代表と演じた「スコアレスドロー」が繰り返された可能性はある。ピッチ状態が良好であればミャンマーの健闘はなかったが、やはりワールドカップ予選はなにが起こるか分からないものなのだ。


 いずれにせよ、日本代表は良いスタートを切った。アジア2次予選では試合ごとに、とりわけ東南アジアや中央アジアのアウェーゲームで出てくる小さな課題を潰しながら、逞しく成長を続けながら、来る最終予選の過酷な戦いに備えてもらいたい。


――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――


著者プロフィール

マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事