【9月シリーズ総括】日本代表メンバー23人の通信簿。パラグアイ戦&ミャンマー戦で評価を高めたのは…

【9月シリーズ総括】日本代表メンバー23人の通信簿。パラグアイ戦&ミャンマー戦で評価を高めたのは…

2019.9.12 ・ 日本代表

シェアする

 9月5日のキリンチャレンジカップ・パラグアイ戦(@茨城県立カシマサッカースタジアム)と、同10日のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選初戦のミャンマー戦(@トゥウンナ・スタジアム)をともに2-0で制した森保ジャパンは、9月シリーズを連勝で終えた。ここではその2試合での全23選手のパフォーマンスを5段階(S、A、B、C、D)で評価。それぞれの活躍を振り返る。


――◆――◆――

 

【GK】

1 川島永嗣 [評価]-

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:―(―)

②ミャンマー戦:―(―)

 経験豊富な守護神は、6月のコパ・アメリカでの活躍を評価され、再びメンバー入り。試合には出場できなかったが、ミャンマーに入って初の練習となった9月7日にはスコールに見舞われながらも、泥だらけになってメニューを黙々とこなし、後輩ふたりの模範となった。


12 権田修一 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(フル出場・0失点)

②ミャンマー戦:5.5(フル出場・0失点)

 シュミットの負傷で巡ってきたチャンスを活かして両方のゲームに先発。ミャンマー戦では前半に危険なパスミスがあったものの、パラグアイ戦に続いて無失点に抑え、健在ぶりをアピール。今後は所属するポルティモネンセで定位置を確保したい。

 

23 シュミット・ダニエル [評価]-

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:―(―)

②ミャンマー戦:―(―)

 今シリーズの正GKと期待され、パラグアイ戦も先発の予定だったが、前日練習で右踵を負傷。権田にスタメンを譲り、ミャンマー戦でもその座を奪い返せず。今夏に移籍したシント=トロイデンではレギュラーとしてプレーするだけに、この悔しさを胸に研鑽を積みたい。

 

 【DF】

2 植田直通 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中出場)

②ミャンマー戦:―(―)

 パラグアイ戦では後半頭から登場し、CBとしてまずまずのプレー。6月のコパ・アメリカを通じて森保監督の評価を得たようで、吉田、冨安に次ぐ第3のCBとしてこれから存在感を高めそうだ。


3 安西幸輝 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:5.5(途中出場)

②ミャンマー戦:―(―)

 両SBをこなせる汎用性が魅力で、新天地のポルティモネンセでも開幕からピッチに立っているだけに、もう少しチャンスを与えられるかと思ったが、出番はパラグアイ戦の24分のみ。持ち味を発揮するにはプレー時間が少なかった。

 

4 畠中槙之輔 [評価]-

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:―(―)

②ミャンマー戦:―(―)

 現状ではCBの序列で、吉田、冨安、植田に次ぐ4番手。森保監督はCBに高いフィード力を求めがちなだけに、所属する横浜に戻っても、武器である足もとの技術を磨きたい。

 

5 長友佑都 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中交代)

②ミャンマー戦:6(フル出場)

 ベテランSBはチームの士気を高める存在として貴重で、いぶし銀のプレーで左サイドを支えた。今シリーズで一列前の中島とのコンビネーションが向上した点も収穫だ。ただ、パラグアイ戦ではクロス精度をもう少し上げたかった。

 【DF】

16 冨安健洋 [評価]A

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(フル出場)

②ミャンマー戦:6(フル出場)

 今夏に移籍したボローニャでも進化を続ける大器は、代表でも好プレーを披露。CBとしてはタイミングの良いくさびのパスを入れ、パラグアイ戦の後半には、クラブ同様に右SBとして奮闘。新たな可能性を示し、ポテンシャルの高さを改めて証明した。

 

19 酒井宏樹 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中交代)

②ミャンマー戦:6(フル出場)

 パラグアイ戦では、右からのクロスで南野のゴールをアシスト。ミャンマー戦でも高い位置を保ち、攻撃に厚みを持たせた。ただ、ミャンマー戦ではクロス精度に課題が。周囲との息はさらに合わせていきたい。

 

22 吉田麻也 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:5.5(フル出場)

②ミャンマー戦:6(フル出場)

 キャプテンとして最終ラインをコントロール。パラグアイ戦の前半に軽い対応でピンチを招いたシーンはいただけなかったが、ミャンマー戦はセーフティーなプレーで相手のカウンターを阻止。セットプレーでは高さを発揮した。

 

 【MF】

6 遠藤 航 [評価]-

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:―(―)

②ミャンマー戦:―(―)

 夏に移ったシュツットガルトでは、出場機会を得られず。今年1月のアジアカップでは中盤の底で柴崎と組んだが、その座を今シリーズでは橋本に明け渡した形だ。まずはクラブで、自らの力を認めさせたい。

 

7 柴崎 岳 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中交代)

②ミャンマー戦:6(フル出場)

 常に冷静沈着な司令塔は、派手なプレーは見せずも、的確なポジショニングで、チームメイトをサポート。ミャンマー戦ではセカンドボールへの反応も良く、攻守でツボを心得ていた。

 8 原口元気 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中出場)

②ミャンマー戦:―(―)

 A代表の実績はMFのなかでトップも、なかなか出番が回って来ず。パラグアイ戦は後半頭からピッチに立ったが、周囲の動きに上手く合わせた一方、印象に残るアピールはできなかった。現状に納得していないはずだが……。

 

9 南野拓実 [評価]A

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6.5(フル出場・1ゴール)

②ミャンマー戦:6.5(途中交代・1ゴール)

 パラグアイ戦では酒井のクロスから貴重な追加点を奪うと、ミャンマー戦では堂安のクロスに頭で合わせて2試合連続弾をマーク! 素晴らしい働きをこなした。もっとも大事なのは、この調子を持続できるかだろう。

 

10 中島翔哉 [評価]S

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6.5(途中交代)

②ミャンマー戦:7(途中交代・1ゴール)

 ハイライトはミャンマー戦の16分。豪快なミドルを突き差し、チームを勢いに乗せた功績は非常に大きかった。パラグアイ戦でも2ゴールに絡む活躍。10番を背負うポルトではベンチを温める日々だが、その鬱憤を代表のゲームで見事に晴らした。

 

 【MF】

13 橋本拳人 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(フル出場)

②ミャンマー戦:6(フル出場)

 遠藤に代わり、2試合とも柴崎とボランチを組み、積極的にプレー。細かなミスや粗さは残すも、勢いはあり、自身にとって大きな転機となる連戦になったはず。この経験を活かしたい。

 

14 伊東純也 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:―(―)

②ミャンマー戦:5.5(途中出場)

 ミャンマー戦では1枚目の交代カードで投入されるも、70分のビッグチャンスを決め切れずにヒーローになり損ねた。自慢のスピードを見せる場面はあったが、悔しさのほうが大きいだろう。

 

17 久保建英 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中出場)

②ミャンマー戦:―(途中出場)

 周囲から特大の期待をかけられるホープは、ジョーカーとして2試合に途中出場。パラグアイ戦では右サイドから積極的に仕掛け、バー直撃のシュートを放つなど会場を沸かせた。日本の未来を照らす存在だ。

 

20 板倉 滉 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:5.5(途中出場)

②ミャンマー戦:―(―)

 コパ・アメリカには参加したが、パラグアイ戦では、フルメンバーが揃ったA代表で事実上のデビューを飾る。ただ、緊張からかミスもあり、どちらかと言えば、ほろ苦いゲームになった。

 

21 堂安 律 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6(途中交代)

②ミャンマー戦:6(途中交代)

 パラグアイ戦では2ゴールに絡み、ミャンマー戦では南野のゴールをアシスト。しかし、その表情が晴れなかったのは、自らゴールを奪えなかったからだろう。移籍したPSVでさらに成長し、自ら試合を決められる選手になりたい。

 【FW】

11 永井謙佑 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:5.5(途中出場)

②ミャンマー戦:―(―)

 パラグアイ戦に出場するも、周囲との呼吸が合わず、良質なボールを引き出せなかった。スピードという特長はハッキリしているだけに、チームとして彼を活かす策も必要だったか。

 

15 大迫勇也 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:6.5(途中交代)

②ミャンマー戦:5.5(フル出場)

 パラグアイ戦では長友からのクロスを巧みに合わせて先制ゴールをゲット。ミャンマー戦も動きは決して悪くなく、ポスト役として高い働き。ただ、チャンスはあっただけにエースとして無得点だったのは残念。

 

18 鈴木武蔵 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①パラグアイ戦:―(―)

②ミャンマー戦:―(途中出場)

 ミャンマー戦の後半に登場し、81分には酒井のクロスに飛び込むも、あと一歩届かず。自らの序列を上げることはできなかった。

 

【監督】

森保 一 [評価]B

①パラグアイ戦:6

②ミャンマー戦:6

パラグアイ戦で良いスパーリングを行ない、ワールドカップ2次予選の初戦でチームを勝利に導いた点は評価したい。ただミャンマー戦は好機がありながら3点目を奪えないなど、どこか消化不良の感もあり、交代策も奏功しなかった。

 

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事