松木安太郎がモンゴル戦のスタメンをセレクト!「変化なくして前進なし!CF南野拓実、トップ下に久保建英で新たな風を吹かせたい」

松木安太郎がモンゴル戦のスタメンをセレクト!「変化なくして前進なし!CF南野拓実、トップ下に久保建英で新たな風を吹かせたい」

2019.10.9 ・ 日本代表

シェアする

 カタールワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦(10日)、タジキスタン戦(15日)のメンバーには、少しビックリしたよ。クラブであまり出場機会を得られていない海外組が選ばれていたし、反対にJリーグで点に絡んでいる鈴木武蔵などが外れた。この選考を見る限り、森保一監督は、国内組より海外組を評価しているということだろうね。

 

 モンゴルやタジキスタンのような2次予選の相手は、日本が普通にプレーすれば間違いなく勝てるレベル。誤解を恐れずに言うと、誰が出場しても勝てる相手だし、そうでなければ話にならない。だから、テストの意味も含めて、もう少しJリーグの選手たちが選ばれるかなと思っていたんだ。

 

 でも、国内組は永井謙佑、橋本拳人、畠中慎之輔の3人だけ。これまで選ばれていた武蔵あたりが、どんな理由で外されたのかは気になるところだよね。2次予選はいろんな選手を試せる場だし、テストに値する選手にチャンスを与えてほしかったというのが僕の本音だよ。

 

 森保監督は、既存の選手たちに厚い信頼を寄せているのだろう。加えて、今回の選考で広島時代の教え子=自分の戦術を知っている選手を重用する傾向もなんとなく分かった。

  ただ、そうしたやり方は、2次予選の対戦相手にしたら対応しやすいだろうね。日本は今まで通りのメンバーで、今まで通りの戦い方をしてくるわけだから、その良い部分を徹底的に潰せばいい。

 

 僕は前々から言っているけど、森保ジャパンはチームの幅、戦い方の幅が決して広くはないんだ。攻撃が一本調子で、前半と後半の攻め方があまり変わらない。だから、終盤のここぞというところでギアを上げられない。そこがずっと課題だから、チームに刺激を与える新戦力の発掘や台頭は不可欠だと思う。

 

 ただ、10月の2試合では、ほとんど9月と変わらないスタメンが並ぶだろうね。最終ラインは左から長友佑都、吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹だ。ボランチは柴崎岳が軸になるし、中島翔哉や南野拓実も先発入りしてくるだろう。

 

 今回のテーマのひとつは、怪我で招集を回避した大迫勇也の代役をどうするかだ。FWには大迫とはタイプの違う浅野拓磨や鎌田大地を呼んでいる。必然的に戦い方は変わってくるだろう。 何か変化をもたらしてくれることを期待するなら、南野を最前線に入れるのも面白いね。今の南野は乗っている。チャンピオンズ・リーグのリバプール戦で1ゴール・1アシストと結果を残して自信も付けているはずだ。

 

 そして、トップ下には久保建英を置く。中島とどんなコンビネーションを見せるか楽しみだよね。ふたりとも個人で局面を打開できる選手。久保はもちろん、中島もここ最近は周囲の味方を上手く生かせるようになっている。堂安やサイドバックを絡めた攻撃で相手を混乱させてくれるだろう。また、久保はそろそろ代表チームに馴染んできたと思うから、我を出してもいい時期なんじゃないかな。久保がチームの起爆剤になる可能性は大いにあるよね。

 

 ボランチは橋本が入りそうだけど、競争を促す意味でも遠藤航を使いたい。年初のアジアカップでは柴崎と良いコンビネーションを見せていたから、あのイメージでプレーしてくれればいいと思う。とりわけ、注目したいのは、相手のカウンターにどう対応するのか。今後の最終予選でも、基本的に対戦相手は引いて守ってカウンターを狙ってくる。その対応がしっかりできれば、遠藤の評価は上がるよ。

  いずれにせよ、この2試合で最も大事なのは、何点取れるかだ。1試合目のモンゴル戦で思うように得点が取れなかったら、2試合目のタジキスタン戦では思い切ってメンバーを変えてもいいだろう。

 

 森保監督は来年の東京五輪も見据えて若手を呼んでいる節もあるけど、実際に試合に出してみないと力は図れない。積極的に若い選手を使って健全な競争を促し、風通しの良いチームにしたいね。

 

 アジア予選はアウェーの洗礼がつきものだけど、どんな環境でも今の日本は勝って当たり前。2次予選を戦いながら、「やっぱり日本は強い」という印象も与えていきたいところだ。

 

 日本は9月のミャンマー戦で2点しか取れなかったから、今回対戦するモンゴルやタジキスタンは「日本相手でも何とかなるんじゃないか」と思っているかもしれない。その心を叩き折って、「日本強し」を印象付ける2連戦にしたいね。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事