【モンゴル戦のスタメン予想】“王道メンバー”から複数人を入れ替えか? 負傷欠場・大迫の代役は…

【モンゴル戦のスタメン予想】“王道メンバー”から複数人を入れ替えか? 負傷欠場・大迫の代役は…

2019.10.9 ・ 日本代表

シェアする

 9月10日にミャンマーを下し、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選で白星スタートを切った森保ジャパンは、10月10日に埼玉スタジアム2002でモンゴルと第2戦を戦う。


 

 モンゴルはFIFAランキング183位で、同31位の日本は順位では大きく上回る。もっとも日本は15日には予選第3戦のアウェーでのタジキスタン戦を控えており、モンゴル戦後には長距離移動を強いられることになる。また、国内組は3人のみで、今回のメンバーは大半がヨーロッパ組。日本に帰国後、まとまった調整時間を取れないまま、モンゴルとのゲームを戦うことになる。「今日(試合前日の9日)初めて戦術の練習ができる」と森保一監督も語っており、中4日での連戦ということも考慮すれば、通常のメンバーから複数人を入れ替えるのではないか。

 

 現に指揮官は前日会見で「どうするかは決まっていませんが、選手の起用法に関しては、いろんな選択肢を考えながらこの2戦を戦っていければと思います」と含みを持たせている。

 

 まずGKは権田修一とシュミット・ダニエルの争いになるだろう。9月のキリンチャレンジカップのパラグアイ戦、前述のミャンマー戦でゴールマウスを守った権田は、ともに無失点。ただ、パラグアイ戦の前日練習で怪我をしなければ、シュミットが先発をする予定だっただけに、今回はシュミットを起用するのではないか。

 

 川島永嗣を含めて所属クラブで出場機会を掴んでいるのはシュミットだけで、試合勘という意味でもほかのふたりを上回る。

 

 最終ラインは左から長友佑都、吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹の4人が鉄板メンバーだが、選手層に厚みを満たせるためにも、複数人を新たに試しても良いはず。楽しみなのは今夏に移籍したポルティモネンセでレギュラーとして活躍する安西幸輝と、先のパラグアイ戦の後半頭からCBで起用された植田直通だ。ふたりは初練習となった7日のトレーニングにも間に合っており、体調も問題ないだろう。

 

 そう考えると、普段は吉田とCBを組む冨安の右SB起用もあり得る。冨安は所属するボローニャや、先のパラグアイ戦で右SBとして好プレーを披露。貴重なオプションができるのは、チームとしても大きい。

  ボランチは軸の柴崎岳と、FC東京で奮闘する橋本拳人が先発すると予想。特に国内組の橋本は移動もなく、コンディションは良いはず。9月のミャンマー戦、パラグアイ戦でも先発し、アピールしただけに、モンゴル戦への想いも強いだろう。

 

 ただ、シュツットガルトではベンチ生活が続く遠藤航、フローニンヘンではCBのスタメンとして成長する板倉滉に経験を積ませるのもありだろう。

 

 中盤2列目はミャンマー戦で1ゴールを奪った中島翔哉、PSVで復調している堂安律の“お馴染み”のコンビになるのではないか。もっとも、このふたりを欠いた際に攻撃のクオリティが落ちるのがチームの課題であり、原口元気、伊東純也をスタメンでテストする必要性もある。

 そしてこのゲームで最も読めないのが、太ももの負傷で大迫勇也が選外となった、2トップの組み合わせだ。その代役として指揮官が招集したFWは3人。スピードが武器の永井謙佑、浅野拓磨、Jリーグ時代はトップ下として活躍した鎌田大地だ。もっとも3人とも抜群のキープ力を誇る大迫とはタイプが異なり、チームとして彼らをどう活かすかも未知数。

 

 森保監督は「コンセプトを伝えて、こういうプレーをしてほしいと話せば、起点となるプレーをしてくれる」と期待を寄せる。だが、周囲との関係性、機動力の高さを考えれば、短時間ではあるが、6月のコロンビア戦でCFを務めた経験のある南野拓実が、CF大迫の代役に最も適しているようには感じる。そして本来、南野が務めるセカンドトップには、マジョルカでプレーする久保建英が入るのではないか。 ただ、ここまでは森保ジャパンの主戦システムである4-4-2で予想してきたが、戦い方の幅を広げる意味でも6月のトリニダード・トバゴ戦、エルサルバドル戦で初めて試した3-4-2-1を再び採用する可能性もある。

 

 そうなれば、GKはシュミット、3バックは前述の2戦に出場した畠中槙之輔、冨安をそのまま左右に、中央にはキャプテンの吉田、ボランチは柴崎と橋本のコンビになると予想。

  そして左ウイングバックはエルサルバドル戦で先発した原口、右ウイングバックは酒井、もしくは伊東。前線の2シャドーは堂安も捨てがたいが、中島と南野、エルサルバドル戦では同じシステムのCFとして2ゴールを奪った永井を推せる。

 

 そう考えると3-4-2-1でも十分に戦えそうだが、指揮官がどう判断するか。今後につながる采配を見せてもらいたい。

 

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事