長友10年ぶり弾などモンゴル代表に6発快勝、森保ジャパンが勝ち点を6に伸ばす

長友10年ぶり弾などモンゴル代表に6発快勝、森保ジャパンが勝ち点を6に伸ばす

2019.10.11 ・ 日本代表

シェアする

10日、2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選のホーム初戦が埼玉スタジアム2002で行われ、日本代表はモンゴル代表に6対0で快勝。W杯予選二戦目を終え、勝点を6に伸ばした。


10月のW杯予選二連戦の初戦。注目のスタメンはGK権田修一、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。ダブルボランチに柴崎岳と遠藤航。右に伊東純也、左に中島翔哉、トップ下に南野拓実。ワントップに永井謙佑が入る、4-2-3-1でスタートした。


開始から主導権を握ったのは、ホームの日本。右サイドの酒井、伊東。左サイドの長友、中島の突破から、中央で南野、永井がフィニッシュに持ち込んでいく。


前半17分には南野が鮮やかな反転からクロスを送り、永井がゴール前で合わせるがGKの好守に遭い、得点はならず。ボールを保持してチャンスを作ってはいるが、あと一歩が遠い。


嫌な流れを断ち切ったのが、好調の南野だった。前半22分、伊東のクロスに走り込み、ヘディングシュートを突き刺した。日本代表で3試合連続となるゴールを決め、守備を固めるモンゴルの牙城を打ち破った。


攻撃の手を緩めない日本は、29分にコーナーキックの混戦から吉田が頭で押し込んで2点目。33分には、長友が伊東の折り返しをフリーで蹴り込んで3点目をあげると、40分には伊東のクロスに永井が頭で合わせて4点目。立て続けにゴールを決め、試合の行方を決定づける。


後半11分には、コーナーキックから遠藤が決めて5点目。直後、酒井に替えて安西幸輝がピッチに入る。後半15分には攻撃を牽引した南野に替えて、鎌田大地を投入。後半25分には、永井に替えて原口元気を送り込んだ。


後半37分には、遠藤のミドルシュートをGKが弾き、浮いたボールを鎌田が頭で押し込み、6点目をゲット。終了間際に冨安が足を痛めて退場するアクシデントがあったが、交代枠を使い切っていた日本はひとり少ない状況ながら冷静に対処。6対0で試合を締めくくった。


試合後、森保一監督は「選手たちがハードワークして、皆さんに喜んでもらえる結果が出せて良かった。チームと個を成長させることにトライしてくれた」と話し、15日のタジキスタン戦については「チーム一丸となって最善の準備をし、アウェイで勝利できるようにしたい」と締めくくった。


先制ゴールの南野は「ホーム初戦なので絶対に勝ちたかった。(サイド攻撃が)チャンスになる場面が多かった。それがゴールに繋がって良かった。チームの勝利に貢献できて嬉しい」と落ち着いて振り返った。


日本代表の次戦、タジキスタン戦は15日(火)21時15分キックオフ。試合はテレビ朝日系列で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事