「お前は10年間何やってたんだと…」長友佑都が久々の代表ゴールに“嬉し恥ずかし”本音を吐露!

「お前は10年間何やってたんだと…」長友佑都が久々の代表ゴールに“嬉し恥ずかし”本音を吐露!

2019.10.11 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表でのゴールは実に10年ぶり。長友佑都がSNSであらためて、その喜びと驚きを言葉で表現した。


 10月10日に埼玉スタジアムで行なわれたワールドカップ予選のモンゴル戦。森保ジャパンは鮮やかなゴールショーで6-0の完勝を収め、サポーターを大いに楽しませた。長友はチームの3点目をゲット。右サイドをえぐった伊東純也のグラウンダークロスを、ゴール前に猛然と走り込んでドフリーで合わせ、仲間たちから手荒い祝福を受けた。


 一夜明け、日本が誇るダイナモは自身のインスタグラムを更新。次のように想いを吐露した。


「歴代3位、代表120試合目の節目をまさか自分のゴールで祝えるとは。

10年ぶりのゴールです。

ちょっと恥ずかしいです。。苦笑

お前は10年間何やってたんだと言われたら、走ってましたとしか答えられない。笑

これからは今まで以上にゴールを意識して、走りたいと思います。

大きな夢と高い志を持って」


 日本代表は今日、次なる決戦の場・タジキスタンへ向かう。10月15日のアウェーゲームでメモリアルな2戦連続ゴールを決め込むか──。左サイドバックの要人のパフォーマンスに注目だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事