森山ジャパンはアメリカを攻め切れずドロー。勝ち点1を分け合い、GS突破は次節セネガル戦まで持ち越し

森山ジャパンはアメリカを攻め切れずドロー。勝ち点1を分け合い、GS突破は次節セネガル戦まで持ち越し

2019.10.31 ・ 日本代表

シェアする

日本時間31日、FIFA U-17W杯の2戦目がブラジルで行われ、U-17日本代表がU-17アメリカ代表と対戦。試合は両チームとも固い守備の前に決め手を欠き、0対0のスコアレスドローに終わった。


初戦から中2日、日本はオランダ戦から2人を入れ替えてきた。スタメンはGK鈴木彩艶、最終ラインは右から畑大雅、鈴木海音、半田陸、中野伸哉。ダブルボランチに藤田譲瑠チマと成岡輝瑠。左に三戸舜介、右に田村蒼生。2トップに若月大和と唐山翔自が入る4-4-2でスタートした。


日本のエース西川潤、アメリカのエース、ジョバンニ・レイナともにベンチスタートとなった一戦。アメリカは自陣に下がって守備ブロックを敷き、日本の攻撃を警戒するとともに、ファウルも辞さないコンタクトで日本の技術とパスワークを封じにかかる。


前半21分には成岡の組み立てからパスを繋ぎ、藤田がゴール前で反転してシュート。これはGKの正面を突いたが、日本らしいパスワークが見られた場面だった。前半42分には若月、唐山とパスが繋がりシュートを打つが、ゴール右に外れた。


後半開始直後、GK鈴木がシュートを弾き、こぼれ球を詰められるがオフサイドの判定でノーゴール。後半10分、得点が欲しいアメリカはエースのレイナを投入。日本も後半12分に唐山を下げて、エースの西川潤がピッチに入った。両チームとも10番を送り込み、勝負を決めにかかる。


後半15分には藤田のインターセプトから、西川が左足を振り抜くが、わずかにゴールの上。後半25分にも西川がゴール正面で反転し、左足でシュートを打つが、ゴール左に外れた。


後半28分には、畑のクロスをニアサイドで若月がヘディングシュート。決定的な場面だったが、GKのファインセーブに遭い、ゴールならず。後半29分には三戸に替えて、中野桂太を投入する。


後半40分にはカウンターを受け、レイナにゴール前に進入されるが、GK鈴木、藤田を中心に体を張ってストップ。ゴールを死守する。後半42分には、田村に替えて初出場となる角昂志郎を投入。


後半アディショナルタイムには若月がドリブルからシュートを放つが、これもGKのファインセーブに遭い、ゴールはならなかった。


若月を中心に最後まで攻め込んだ日本だったが、ゴールを割ることはできず。スコアレスドローで試合を終えた。


試合後、森山佳郎監督は「我慢比べのゲームだった。最後は相手の足が止まりかかってチャンスも作ったが、勝点1は次に繋がる。ポジティブな評価」と語り、キャプテンの半田は「相手の背後をうまく使えずに、得点を取れなかった。アメリカが思っていた以上に引いてきた。カウンターを受けたが全員で体を張って、失点ゼロで終われたのは良かった」と振り返った。


グループリーグ2試合を終えて、1位はセネガル(勝点6)、2位日本(同4)、3位アメリカ(1)、4位オランダ(0)となった。


最終戦のカードは日本対セネガル、アメリカ対オランダ。日本は引き分け以上で決勝トーナメント進出の2位以内が確定。敗れても、グループ全体の成績上位4チームに入れば、グループ突破となる。


試合は日本時間3日8時にキックオフ、J SPORTS 4で生中継、BSフジで深夜25時より録画中継予定。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事