“ワカツキ”の衝撃とメキシコ戦の後悔。一躍世界の注目を浴びた若月大和はU-17W杯で何を掴んだのか?

“ワカツキ”の衝撃とメキシコ戦の後悔。一躍世界の注目を浴びた若月大和はU-17W杯で何を掴んだのか?

2019.11.7 ・ 日本代表

シェアする

 試合後のミックスゾーン。若月大和(桐生一)は誰よりも悔しかったはずなのに、自分の言葉で逃げずに今の気持ちを口にした。


「今回のワールドカップでは、守備陣が無失点に抑えてくれていた。だけど、失点はあって当たり前。その中でふたつのゴールを許してしまったけど、攻撃陣が得点を取って盛り上げないといけなかった。自分のところに何本もチャンスが回ってきたけど、それを決められない。それが一番の課題で後悔している」



 4日に行なわれたメキシコとのラウンド・オブ16。日本は為す術なく、0-2で敗れた。試合前に突然襲った雷雨、負ければ終わりの一発勝負の難しさ。ノックアウトステージに入り、ギアを一段上げてきた相手。様々な要素が絡み、日本の勢いは鳴りを潜めてしまう。ボール支配率は64パーセント。だが、攻守で本来の良さを出せずに90分が終わった。それは若月にも言える。


「自分が空いたスペースを狙った時に、相手が1枚付いてくるのでやりにくさはあった。それでも背後を狙おうと思って、何回も行ったのですが……」


 相手が自身のスピードを警戒し、裏のスペースを徹底的にケアしてきた。何度も最終ラインの背後を狙ったが、思うように受けられない。であれば、他の手段で攻撃の起点になるべく、DFを背負ってパスを受けようと試みた。

「警戒されていたし、後ろを向いた時の相手の当たりは本当に強かった。苦しい状況で味方をどう生かすのか。本当にそのプレーが大事だった。いつもであれば、自分が裏を取ってドリブルを仕掛けられる。今日の試合はやっぱり自分が起点になって、周りを生かせれば良かった」


 若月の言葉通り、メキシコの守備陣は一枚も二枚も上手だった。余裕を持ってボールに触らせてもらえない。先にパスを受けても、わずかな隙に体勢を崩されて良い形でシュートを放てなかった。


 結局、最後までネットを揺らせず無得点。放った幾つかのシュートは、すべて空砲となり、うなだれるしかなかった。 このメキシコ戦は不発に終わり、課題も残した。ただ、若月が世界で示した可能性に変わりはない。


 迎えたオランダとの初戦。若月は欧州王者から鮮やかに2ゴールを奪ってヒーローとなり、その活躍は多方面に轟いた。2戦目以降は結果を残せず、相手に警戒された時の対処法は今後の課題だろう。だが、確かな手応えを掴み、“ワカツキ”という名前を世に知らしめたのもまた事実だ。 


 本人はこの大会が始まる前に、思いの丈をこう話していた。

 

「世界大会に出て、活躍したい思いがかなりある。今大会はその第一歩。勝ち進むことによって、いろんなチームからも注目されると思う。自分が何年後かに世界へ出るための一歩にしたい」


 まさに有言実行。自らの足で評価を高めた。


 若月は日本に戻り、新たなスタートを切る。1年前まで現U-17世代の代表に名を連ねることのなかった男は、この大舞台で大きく立場を変えた。注目度も高まり、プレッシャーも今までとは比べものにならない。だが、生粋のサッカー小僧はすでに次なる目標を見据えている。

「自分の武器であるスピードが、世界で通用するというのは改めて自信になりました。日本に帰っても、常に海外や高いレベルを見て、チャレンジしたい。これから先のU-20やU-23、A代表へ行くためにも、この経験は絶対に自分のためになる。自分の武器をもっと極めたいし、決定力も高めて、海外のトップレベルを目指してやっていきたい」


 今大会で良くも悪くも貴重な経験を積んだ。開幕前に森山佳郎監督が「成長角度を変える大会」と話していたが、紛れもなく9番はそのひとり。メキシコ戦の悔しさがさらなる成長の原動力になるはずだ。


取材・文●松尾祐希(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事