【セルジオ越後】土俵際まで追い込まれかけた日本代表。うっちゃりのような勝ち方はアジア2次予選でやっていいわけがない!

【セルジオ越後】土俵際まで追い込まれかけた日本代表。うっちゃりのような勝ち方はアジア2次予選でやっていいわけがない!

2019.11.15 ・ 日本代表

シェアする

 ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦は2対0で勝ったものの、はっきり言って内容は良くなかったね。試合後には、森保監督と吉田、南野がインタビューに答えていたけど、顔を見れば勝った喜びよりも不満の方が強かったのはよく分かるよ。


 このグループで日本は、実力的にも実績的にも横綱クラスのチームだ。「最終的に勝点3が取れて良かった」なんて横綱が言うセリフではないね。3ポイントを獲るのは当然の試合なんだから。


 日本は、ここまでアジアの相手に見せてきたようなスピーディなパス回しもなければ、相手を翻弄する展開力もなかった。動きは重いし、ちょっとプレスを掛けられたら慌ててボールを失ってしまっていた。


 もちろんグラウンドの影響もあったかもしれないけど、それは相手も同じ条件だから言い訳にはならない。むしろ、日本がやるべきことをキルギスがやっていた印象だ。ドリブルで果敢に仕掛けて行ったり、ボールを持っている選手を次々に追い越していったり。日本の選手はただパスを足もとに預けている感じでアグレッシブさに欠けていた。


 伊東はいつもより自分で突破していくシーンが少なかったし、長友もあまり上がらなかったよね。奪ったら、コンパクトな陣形を崩さずに速攻を仕掛けていく日本の組織的な強みもあまり出ていなかったように思うよ。


 逆に攻撃面でも、キルギスの方が日本よりも決定的なチャンスをつくり出していたんじゃない? GKの権田には3点分くらい救われたはず。予選開幕から4戦連発で新記録を達成した南野が盛んに取り上げられていたけど、むしろ権田デーと言えるくらいの試合じゃなかったかな。


 2次予選なんだから、南野のようにゴールに近い選手がゴールできるのは当たり前。4戦連発で“新記録”なんて、2次予選でニュースにするほどのことじゃない。本当に凄い選手なんだって証明するには、最終予選でも同じことをやってみせなければね。

  キルギス戦を終えて日本は、勝点12を取って残すはホーム戦3試合とアウェー戦1試合だ。2次予選突破はほぼ決定したような状況だね。来年はいよいよ五輪イヤーだから、森保監督も五輪チームの方へ比重を置いて指揮を執ることになるだろうね。


 金メダルを目指すのはもちろんだけど、やっぱりラグビー・ワールドカップで日本代表が見せたように、ファンに感動を与える試合をやってほしいね。サッカーを観て、サッカーをやりたいっていう子が増えるような戦いぶりを見せてほしいよ。

 蒸し返すようだけど、そういう意味でキルギス戦の日本代表の戦いぶりは、まったく感動できなかった。土俵際の危ない所まで追い込まれてからの、うっちゃりのような勝ち方は、最終予選ならいざ知らず、2次予選でやっていいわけがない。それは完封したからって、選手も心から喜べないだろう。


 本来の実力差、あるいは環境の差も考えたら、2次予選では常に圧勝する試合をやってほしい。「やっぱり日本は違う」っていうところを見せつけるような内容で勝ってほしいね。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事