金田喜稔がキルギス戦を斬る!「スコア以上に“圧倒した”日本に逞しさを感じた。強いて課題を挙げるなら…」

金田喜稔がキルギス戦を斬る!「スコア以上に“圧倒した”日本に逞しさを感じた。強いて課題を挙げるなら…」

2019.11.15 ・ 日本代表

シェアする

 日本が格の違いを見せた、いい勝利だったと思う。もちろん簡単な試合じゃなかったけどね。


 あの寒さでピッチ状態も悪く、アウェーの雰囲気もあるなか、押し込まれる場面も少なくなかったけど、慌てふためくことなく、墓穴を掘るようなプレーはまったくなかった。安定感や心構えは素晴らしかったし、逞しさを感じたね。


 たかがアジアの2次予選で、という見方もあると思うけど、キルギスの個々の能力は低くなかったし、インドアサッカーで育ってきたな、と感じさせる技術の高さは侮れなかった。


 実際、ここまでの2次予選は、前半からチャンスが数多くあり、決定力の有無の話をしてきたけど、この試合はチャンスがなかなか作れなかった。それでも、相手にも決定機を作らせず、ピンチがあってもGKの権田がいいポジショニングで防いだ。試合を支配はできなかったけど、かといって支配はさせなかった。その点に成長を感じたね。


 膠着状態が続いたけど、前半終了間際と後半の立ち上がりという、いい時間帯で2点を奪い、勝負を決めてしまった。そこにはやはり、スコア以上の力の差を感じた。ワールドカップに5回連続で出場している国の経験値の違いを見せつけられたと思う。圧倒してるようには見えないけど、実は圧倒していたというか……。

  大迫や堂安、久保が不在で中島もベンチのなか、均衡を破ったのは、やはり南野だった。いつもファーストシュートを打つのはこの南野だし、先制点を奪うケースも多い。この試合でも、13分にヘッドで最初のチャンスを作り出し、40分にGKのファウルを誘って自らPKを獲得して先制ゴールを決めた。このお決まりのパターンは、チームの「生命線」のようになっている。


 大迫、中島、南野、堂安(久保)というカルテットは、これまでにはなかった破壊力だと思っているけど、なんだかんだ中心になっているのは南野だよ。シュートを外しても引きずらないメンタルの強さを感じるし、チームメイトも次は決めてくれると思ってボールを預ける。すっかり森保監督の信頼も勝ち取っている。


 原口も評価したい。前回のワールドカップであれだけ活躍しながら、中島に左サイドのポジションを奪われた形になっていた。だけどまったく動じることなく、先発起用に応えて、持ち味を存分には発揮した。チームに安定感をもたらしていたね。 課題? もちろん相手の左サイドバックの正確なキックで逆サイドの長友のところを狙われたりとか、キルギス対策として改善すべきところはあるかもしれないけど、崩されていたわけじゃないし、根本的に修正しなければならない点はとくになかった。


 強いて課題を挙げるなら、これはいつも言ってることだけど、最終ラインのバックアッパーだね。長友、吉田、酒井の常連組で固まり、前線や中盤に比べて競争がない。だけど個人的には、3年後のワールドカップまで、3人全員がこのままの状態でいけるとは思っていない。それを見据えて、後継者を育てていく必要がある。

  2次予選突破は確実だし、3人のうち誰かをあえて外すテストをしてもいいと思う。本大会を念頭に置いたポジティブな課題というかね。それ以外は言うことなしだった。


 ただ、19日にテストマッチを戦うベネズエラは、南米の中で力をつけてきているし、まったく別の試合になると思う。どこまでの本気度かわからないけど、そこで浮き彫りになる課題はあるかもしれないね。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事