U-22日本代表、コロンビアに完敗。久保、堂安ら自慢の攻撃陣も連携不足で不発

U-22日本代表、コロンビアに完敗。久保、堂安ら自慢の攻撃陣も連携不足で不発

2019.11.18 ・ 日本代表

シェアする

17日、『キリンチャレンジカップ2019』U-22日本代表対U-22コロンビア代表戦がエディオンスタジアム広島で行われた。試合は攻守に渡って日本を上回ったコロンビアが後半2ゴールをあげて勝利。東京五輪でメダルを目指す日本にとって、課題が残る試合となった。


東京五輪まであと8ヶ月。海外組を招集し、ケガ人を除く、現時点でベストに近いメンバーで臨んだ日本。スタメンはGK大迫敬介、最終ラインは右から岩田智輝、立田悠悟、板倉滉。ダブルボランチに中山雄太と田中駿汰。右に菅原由勢、左に菅大輝。2シャドーに堂安律と久保建英。ワントップに上田綺世が入る、3-4-2-1でスタートした。


立ち上がりから日本は堂安、久保の2シャドーが積極的にドリブルを仕掛けて攻勢に出るが、コロンビアのスピードとフィジカルを活かした寄せに手を焼き、チャンスを作るには至らない。


前半36分には、最終ラインのパスミスを奪われてピンチを迎えるが、GK大迫が冷静に対応。前半40分には田中のクリアボールが中山に当たり、ゴールを強襲するなど、リズムに乗れない時間帯が続く。


後半開始から、ワントップの上田に替えて小川航基を投入。前線のターゲットを変更し、攻撃の糸口をつかもうとする。しかし後半3分、コロンビアのサンドヴァルにシュートを決められ、先制ゴールを奪われてしまう。


ビハインドを跳ね返そうとする日本だが、後半14分にはコロンビアの鮮やかなパスワークで守備を切り裂かれると、ラミレスに狙いすましたシュートを流し込まれて0対2。


後半17分には菅、磐田に替わり、三好康児と原輝綺を投入。システムを4-2-3-1に変更し、小川のワントップ、トップ下に堂安、右に三好、左に久保を配置し、原が左サイドバックに入った。


後半29分にはコロンビアの個人技をベースとしたパス回しに翻弄され、決定的なパスを入れられるが、板倉がクリア。コロンビアの個の技術、スピードに加えて、組織的な守備の前に成す術がなく、チャンスを作れないまま、時間が経過していく。


後半35分には久保のパスを受けた堂安が右足を振り抜くが、ジャストミートせず。ゴールにはならなかったが、ようやく攻撃の形が作れた場面だった。直後の後半36分には、堂安の縦パスに抜け出した小川がGKと1対1の場面でシュートを打つが、ゴールポストを直撃した。


後半39分には堂安に替えて、食野亮太郎。後半42分にはボランチの田中を下げて、FW前田大然を送り込む。しかし、最後までゴールネットを揺らせず、コロンビアに完敗。0対2で敗戦を喫した。


試合後、森保一監督は「(0-2の結果は)力が足りないということ。東京五輪までにチーム力を上げられるようにしなければいけない」と振り返り、久保は「負けてしまった。現実を見つめ直さなければいけない。不甲斐ない試合になったが、チームに帰って精一杯頑張って、ここに戻って来れるようにしたい」と冷静に話した。


U-22日本代表の次戦は12月28日。トランスコスモススタジアム長崎でU-22ジャマイカ代表と親善試合を行う。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事