「日本は金メダルを取れる!」「不足しているのは…」コロンビア指揮官は若きサムライ戦士たちをどう見たか?

「日本は金メダルを取れる!」「不足しているのは…」コロンビア指揮官は若きサムライ戦士たちをどう見たか?

2019.11.17 ・ 日本代表

シェアする

[キリンチャレンジカップ]U-22日本代表0-2U-22コロンビア代表/11月17日/エディオンスタジアム広島


 国内では初の国際試合に臨んだU-22日本代表は、U-22コロンビア代表に力負けを喫した。


 前半こそスコアレスで折り返した日本だったが、後半は、母国で開催される東京オリンピックの南米予選をおよそ2か月後に控え、最終調整に入っているコロンビアに力量の差を見せつけられる。47分に先制を許すと、59分には守備網を完璧に破られて追加点を献上し、最後まで点差を縮められなかった。


 球際での脆さ、パスの精度やスピードなど、様々な不安要素を露呈してしまった若きサムライブルーを敵将はどう見たのか? 試合後の会見でコロンビアのアルトゥーロ・レジェス監督は日本に対して、「素晴らしい戦いをすると見ていた」と印象を語り、さらに続けた。


「(10月の)ブラジル戦とメキシコ戦も見ていて、素晴らしいチームだという印象は持っていた。5-4-1のような形を作る、あるいは底を3バックにして二人をサイドに回して、もう二人を中心の方に置きながら、非常に我々としてはやりづらいような四角形をピッチの中に創り出す。サイドの選手も中に切り込んでくるし、とにかく良いプレー見せるチームだと見ていた」

 試合中はピッチ内の選手たちに檄を飛ばし、チームのインテンシティーを保たせ続けた50歳のコロンビア人指揮官は、約8か月後に迫ったオリンピックで、ライバルになりうる日本の課題をはっきりと指摘した。


「今の日本に足りないのは選手間のコンビネーションだ。そこは明らかに不足している。だが、オリンピックでは確実に金メダルが取れるポテンシャルを持ったチームだということは言っておきたい」


 敵将からも分析されてしまった“課題”を日本はどのようにして補っていくのか。オリンピック本番までの限られた期間で森保一監督の手腕が試されそうだ。


取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事