【識者コラム】全力のコロンビアを相手に明確な落第点…弱点を浮き彫りにされた五輪代表が打つべき手は?

【識者コラム】全力のコロンビアを相手に明確な落第点…弱点を浮き彫りにされた五輪代表が打つべき手は?

2019.11.18 ・ 日本代表

シェアする

[国際親善試合]U-22日本0-2U-22コロンビア/11月17日/Eスタ


 一見進化が著しい日本サッカーだが、発芽前のハングリーな南米選手たちと比較すると、土壌の差が歴然としてしまう流れは変わっていない。新生U-22日本代表は、コロンビアの同年代に技術、フィジカルのベースのみならず、最も強調してきたはずの攻守の切り替え、デュエルの執拗さでも見劣りした。日本のエースは相手に置き去りにされた時点で、諦めたりジョギングに切り替えていたが、コロンビアは例外なく全力で追い続けた。逆にJリーガーが自陣危険なエリアでパススピード、精度などで致命的なミスを繰り返してしまったのを見れば、やはり彼我の日常の厳しさの格差を感じないわけにはいかない。

 

 もちろん日本もいくつかのピースが加えれば、劇的に改善される可能性はある。特に最終ラインに冨安健洋が加わり、ボランチにオーバーエイジ(OA)として柴崎岳、あるいは田中碧が入れば、バラバラなチームにもビルドアップから攻撃への安定した流れがもたらされるのかもしれない。だが少なくともコロンビア戦で約3分の2の60分間以上を費やした3バックでは、森保一監督が掲げる「金メダルへの道」は霞んでしまう。


 結局、世代別代表戦には異例の大観衆に勝利を届けたい森保監督は、親善試合の有効活用にも失敗した。遠路スコットランドから来た食野亮太郎も、ポルトガルから呼び寄せた前田大然も、プレー時間は10分間にも満たない。それでも珍しく後半開始から動いたが(上田綺世→小川航基)、戦術変更へ踏み切るのが遅過ぎ、必要な実験をこなし切れていない。


 最大の収穫は、この時期に日本が最も苦手とするタイプのチームを呼べたことだ。ここまで明確な落第点がつけば、さすがに今後は無駄な実験を避けられる。60分まで日本の攻撃は久保建英と堂安律の個の力に頼るしかなかった。久保個人は明らかにプラス材料だが、今度は指揮官がフルタイム使い続けるほど依存の度合いを深めている。

  4-2-3-1へのプラン変更は、日本の実状を考えれば理に適っている。明らかに最もタレントが豊富なのは2列目で、単純に1人増えるだけでも安定性が増し、両サイドバック(SB)も攻撃に絡めるようになった。前半で退いた上田も、すっかり孤立しボールも収めきれず苦い想いをしたが、コパ・アメリカでは再三決定機に絡んだことを考えれば、終盤のフォーメーションなら別の顔を見せられたかもしれない。だからこそ本来なら最適の戦術で、前田との順応性の比較も検証しておきたかった。

 今まではセンターバック(CB)候補が多く、逆にSBが人材難なことから、五輪は3バックを有力視してきたが、コロンビア戦ではデメリットばかりが溢れた。ボランチから展開ができず、両サイドも後手に回り、1トップは消された。もちろん五輪本番では、複数の戦術を使えるに越したことはないが、18人という枠や残り時間を考えれば、4-2-3-1に絞り込み、熟成させていくしかなさそうだ。そう考えれば、右で橋岡大樹と競うことになる菅原由勢、途中交代で左SBを務めた原輝綺ともに、サバイバルの可能性を残した。


 幸か不幸か、東京五輪に欧州クラブの主力級が参加してくるとは考え難いから、過去の大会に比べれば大幅なレベルダウンの可能性もある。おそらく南米代表が優勝候補となるから、コロンビア戦はターゲットとの距離を確認する意味でも貴重な試金石となった。ただし欧州クラブの主力を呼び難いのは日本も変わらない。これだけ弱点が浮き彫りになった以上、今後は技術委員会の欧州各クラブとの交渉が生命線となりそうだ。


文●加部 究(スポーツライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事