【東京五輪世代の最新序列】コロンビア戦後の変化は?先発した久保と堂安の位置づけは…

【東京五輪世代の最新序列】コロンビア戦後の変化は?先発した久保と堂安の位置づけは…

2019.11.18 ・ 日本代表

シェアする

 来夏の東京五輪に向けて強化を進めるU-22代表は11月17日、エディオンスタジアム広島でU-22コロンビア代表と親善試合を行なった。A代表でも活躍する久保建英(マジョルカ)、堂安律(PSV)をはじめ、三好康児(アントワープ)や中山雄太(ズウォーレ)など海外でプレーする実力者たちのこの代表チームでの立ち位置は、南米の強豪との試合を終えて、どう変化したのか。各ポジションの最新序列を探っていく。


【GK】

◎大迫敬介(広島)

△谷 晃生(G大阪)


◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 U-22コロンビア戦で先発した大迫が正守護神だ。A代表歴があり、広島でレギュラーを掴んでもいて、疑いなくレギュラー候補に挙げられるだろう。10月のブラジル遠征に続き今回も招集された谷は、14日の広島とのトレーニングマッチに先発出場。徐々に序盤を得てはいるが、現状では控えの立ち位置。

 【リベロ】

○立田悠悟(清水)

負傷で不参加:渡辺 剛(FC東京)

 

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 2年前のU-21代表発足時からコンスタントに招集され、チーム戦術を深く理解しているはずの立田も、U-22コロンビア戦では良いところなし。やや調子を落としている印象だ。ブラジル遠征に引き続き今回も声がかかった渡辺は、残念ながら左足の怪我で不参加に。

 【ストッパー(右)】

◎岩田智輝(大分)

△橋岡大樹(浦和)


◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 コパ・アメリカ以降、飛躍的に存在感を高めているのが岩田。スピードと豊富な運動量で推進力をもたらせる存在だ。U-22コロンビア戦でもミスが見られた守備時の判断の精度が改善されれば、1番手の地位をより固められるだろう。続く橋岡は対人能力が魅力も、プレーの粗さを修正したい。また原がここで起用される可能性もある。


【ストッパー(左)】

◎板倉 滉(フローニンヘン)

△瀬古歩夢(C大阪)

出場停止により不参加:町田浩樹(鹿島)


◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 出場停止処分(10月のブラジル戦での退場の影響)により不参加となった町田に代わって招集された瀬古は、広島とのトレーニングマッチで好アピール。しかし、A代表にも選ばれ、オランダのフローニンヘンでも定位置を掴んでいる板倉は外せない。U-22コロンビア戦でも堅実なプレーを披露した。

 【ウイングバック(右)】

◎菅原由勢(AZ/オランダ)

△長沼洋一(愛媛)


◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー


 コロンビアのフィジカルとスピードに必死に食らいつき、攻撃でも可能性を感じさせた菅原は、アピールに成功したと言える。序列の1番手に浮上した。広島との練習試合で右ストッパーを務めた橋岡は、菅原に次ぐレギュラー格としても計算されていて、今回は追加招集だった長沼はさらなる奮起が必要だ。


【ウイングバック(左)】

○菅 大輝(札幌)

負傷で不参加:遠藤渓太(横浜)


◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー


 遠藤がレギュラー候補だったのだが、今回は直前のリーグ戦で負傷し、参加を断念。ただし札幌でも左ウイングバックを務める菅が、代役不在のなかで先発したU-22コロンビア戦で悪くないパフォーマンス。レギュラー争いに割って入りそうだ。

 【ボランチ】

○中山雄太(ズウォーレ/オランダ)

△田中駿汰(大阪体育大)

△原輝綺(鳥栖)

負傷で不参加:田中 碧(川崎)


◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー


 このチームのキャプテンの中山は、本来の実力を考えれば間違いなく不動のレギュラーなのだが、オランダへの移籍後は調子の波が激しいのが気掛かり。U-22コロンビア戦でも攻守に不安定な出来だった。パートナーの有力候補は、10月のブラジル戦で2点を挙げた田中碧だったものの、今回は招集辞退。その田中碧に代わってコロンビア戦で先発したのが、田中駿だった。ポジショニングには課題が残るも、素早い寄せで貢献した。広島戦でボランチ起用された原はなかなかボールに絡めなかった。やはりストッパーが適任か。

 【シャドー】

○久保建英(マジョルカ/スペイン)

○堂安 律(PSV/オランダ)

○三好康児(アントワープ/ベルギー)

○食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)

△鈴木冬一(湘南)


◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 

 U-22コロンビア戦で高いテクニックを見せた堂安と久保は改めてその実力を証明した。ただしそんなふたりと言えども、ゴールを生み出せたわけではない。いずれも途中出場して積極的な仕掛けで攻撃を活性化した三好と食野も、短時間ながら評価に値する活躍を見せた。実績を踏まえれば堂安と久保は別格なのだが、このふたりに絞り切ることはできない。広島戦で不慣れなシャドーを任された鈴木は、ウイングバックならレギュラー争いにも絡めるか。


【CF】

○小川航基(水戸)

○前田大然(マリティモ/ポルトガル)

○上田綺世(鹿島)


◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー


 広島戦、U-22コロンビア戦と無得点に終わっていて、大きなインパクトを残せた選手はいない。ただしコロンビア戦の終盤に何度か堂安や三好らと息の合ったコンビネーションを見せた小川がバックアッパーから有力候補に浮上。三つ巴の競争となっている。


取材・文:多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事