【U-22代表】“レフティ三銃士”について三好康児が持論。最も大事なことは…

【U-22代表】“レフティ三銃士”について三好康児が持論。最も大事なことは…

2019.11.18 ・ 日本代表

シェアする

[キリンチャレンジカップ]U-22日本0-2U-22コロンビア/11月17日/エディオンスタジアム広島


 コロンビアとの親善マッチで、後半のある時間帯では興味深い事象があった。


 三好康児が途中出場した62分から、堂安律が途中交代する83分まで、日本の2列目には三好、堂安、久保建英の3人が並んだ。


 いずれもテクニックに優れるMFだが、3人とも“左利き”という珍しい組み合わせに。この技巧派トリオの利点について三好に訊けば、「左利きが多いから、良いか悪いかは分からないですけど」と応じ、さらにこう続けた。


「この選手が出ればゲームを変えられるとか、(勝負を)決定づけられるとか、そういう選手が出るべきだと思っています。そこは別に右、左にかかわらず、たまたま今、左利きが2列目に多いっていうだけで、そこにこだわる必要はない。試合を決められる選手は誰なのか、というだけなので」


 この言葉に、三好なりのプライドが見え隠れする。コロンビア戦はベンチスタート。本人に思うところはあったのかもしれない。


 試合を見ながら、「前半は、なかなか攻撃のチャンスを作れていなかったと思いますし、2列目にボールが入ることも少なかった」という感想を抱いていた。そうした状況で自分がピッチに立ったらどうするか。「ボールを引き出す部分、そこから前につなげていく部分」は自分の特長のひとつ。それを実践すればいい。

  事実、三好のプレーは攻撃に推進力をもたらした。スペースを見つけて、そこに顔を出し、パスを受け、果敢に仕掛ける。三好自身も「自分が入ることで、攻撃の回数は増やせたと思います」と手応えを口にする。「もっともっと自分の特長を出すことができれば、攻撃の回数は必ず増えていくはずです」とも。


 堂安や久保らのポテンシャルについても言及する。


「リツだったりタケだったりは、前向きでプレーできて、アタッキングサードに入れば必ずチャンスを作れますし、ゴールにつなげていける力があります。そこまでどうボールを運んでいくかが自分たちの課題であり、このチームの大事な肝になると思います」


 タレントが揃う2列目では、今後も熾烈なレギュラー争いが繰り広げられるだろう。もっとも、このセクションは若き森保ジャパンの最大のストロングポイントにもなり得る可能性を秘めている。戦力の底上げにもつながるはずのハイレベルな競争に注目だ。


取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事