金田喜稔がコロンビア戦を斬る!「久保が他の10人に合わせるか、他の10人が久保に合わせるか。森保監督は早急に決断すべきだ」

金田喜稔がコロンビア戦を斬る!「久保が他の10人に合わせるか、他の10人が久保に合わせるか。森保監督は早急に決断すべきだ」

2019.11.18 ・ 日本代表

シェアする

 ビックリしたね。もう少しできるかと思ったけど、すべての面で決定的に差があり過ぎた。東京五輪まであと8か月でどうやってチームを作っていくのか、本当に不安だね。メダルどころじゃないよ。


 コロンビアは金メダルも狙えるポテンシャルを持っていると思う。本大会ではこんな強いチームばかりではないから、日本がベスト8ぐらいまで勝ち進む可能性はあるだろう。でも今日のゲームを見る限り、その先は厳しいね。グループリーグからきつい試合を強いられるだろうね。


 注目された久保は、できることはやっていたと思う。仕掛けるべきところでは仕掛けるし、キープすべきところではキープしてボールを簡単に奪われない。パスを出したほうがベターなところでは、そうしていた。


 ただ、問題は周囲の動きと久保の感性が一致していないところだ。


 簡単に言うと、日本の選手は出し手も受け手も、アッタキングサードで裏のスペースを狙いすぎる。世界基準の圧倒的なスピードがあれば話は別だが、コロンビアのほうがスピードがあるのに、一か八かで裏を狙っては、カバーリングをされてボールを失っていた。そんなことを繰り返しやっていても、堅固な守備は崩せない。


 下の世代の頃から、そういうサッカーばかりをやっているから、染みついているんだよ。敵が前にいても足下にパスを出して、そこでボールをキープして、次の展開に持ち込むとか、強引にマークを外してシュートを打つという発想がないんだよ。

  ただ久保だけは、バルセロナの下部組織で育ち、足下で繋ぐサッカーを経験しているから、ひとりだけ違う感性でサッカーをやっていた。


 一方のコロンビアは、フィジカルやスピードで日本より明らかに上だったにもかかわらず、足下でボールを回し、安易に裏を狙ってボールを失うようなことはなかった。この点は見習うべきだよ。


 ただ、本番まで残り1年を切っているし、そうそう集まる機会あるわけでもない。劇的にスタイルを変えろと言っても難しいかもしれない。スーパーな存在になりうる久保の良さを殺してでも、一か八かの「博打サッカー」を続けたほうがいいという考え方もあるだろう。


 そこは、森保監督がどう判断するか。このサッカーのままで行くなら、周囲に合わせるように久保を説得しなければならない。


 極端に言うと、久保が他の10人に合わせるか、他の10人が久保に合わせるか、だ。時間はない。早急に決断すべきだと思う。

  いずれにしても、決めるのは森保監督だし、その決定に文句を言うつもりはない。個人的には、今後、日本がワールドカップでベスト8以上を目指して行くなら、足下で繋いで崩せるスタイルを極めていかないといけないと思う。圧倒的なスピードやフィジカルがあるなら、話は別だけどね。


 もうひとつ、このコロンビア戦で明らかになったのは、「オーバーエイジ枠」の活用は不可欠だということ。例えば、心許ない最終ラインに吉田麻也、中山も田中も簡単にボールを失っていた中盤に柴崎、上田も小川もボールを収められなかった前線に大迫とかね。


 センターラインをオーバーエイジ組で固めないと、とてもじゃないけどメダルなんて狙えないよ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事