【東京五輪のオーバーエイジ提言】A代表の3人がベストチョイス。本田も実は適役か

【東京五輪のオーバーエイジ提言】A代表の3人がベストチョイス。本田も実は適役か

2019.11.20 ・ 日本代表

シェアする

[キリンチャレンジカップ]U-22日本0-2U-22コロンビア/11月17日/エディオンスタジアム広島


 U-22日本代表は11月17日のU-22コロンビア戦で0-2の敗戦を喫した。目立ったのは、未熟な連係や決定力不足。さらにスピードやフィジカルを含めて個々のスキルも、この南米の強豪に敵わなかった。


 23歳以下の選手で構成される五輪では、18枠のうち3枠までのオーバーエイジが認められているが、森保一監督は、改めてその必要性を強く感じさせられたはずだ。


 3-4-2-1をメインシステムで戦い、柔軟性も問われるU-22代表には、どんな選手が適役なのか。チームをスケールアップさせ得る人材を探っていく。


 まず重要なのは、3枠をどのポジションに使うか。

  ひとつ目は絶対的な軸が不在のCFか。コロンビア戦で先発した上田綺世(鹿島)はほとんどチャンスに絡めないまま前半のみで交代し、代わって入った小川航基(水戸)も決定機を逸し、ノーゴールで終わっている。なにより、ボールを収められずに1トップの役割を十分に果たせなかった点は看過し難い。


 CFのオーバーエイジに求められるのは、ポストワークが上手く、2列目の久保建英(、マジョルカ)、堂安律(PSV)、三好康児(アントワープ)といった海外クラブでも活躍するテクニシャンを活かせる人材。A代表のエース大迫勇也がベストだが、所属のブレーメンが招集を許可するかどうかは問題だ。呼べなかった場合は、しなやかな身体の強さが光る武藤嘉紀(ニューカッスル)、今年のJ1リーグで10得点を挙げ、A代表に初招集された急成長中のパワフル系FWオナイウ阿道(大分)が選択肢に上がるかもしれない。


 ふたつ目は、ウイングバックだろう。左サイドで地位を築いていた杉岡大暉(湘南)もここのところは不調で、コロンビア戦で菅原由勢(AZ)がアピールしたとはいえ、右サイドもなかなかレギュラーが固まらない。


 選手層の薄さを補うために、左右のサイドをこなせ、SBにも対応できるタレントがいれば心強い。例えば日本代表の不動の右SB(右ウイングバック)で、マルセイユでは左SBでも奮闘する酒井宏樹は適任だ。もしくは、ポルティモネンセで右SBのレギュラーを担う安西幸輝、スピードと持久力がJリーグ屈指の車屋紳太郎(川崎)というチョイスも悪くはない。 3つ目に挙げるのが、チームのバランスを左右するボランチ。キャプテン中山雄太(ズウォーレ)は、能力こそ申し分ないが、調子の波が気掛かり。今季メキメキと頭角を現わしている田中碧(川崎)も、レギュラー奪取には至っていない。


 ゲームメイクに大きな影響を及ぼすこの重要ポジションには、パス能力だけでなく、リーダーシップがある選手が良いだろう。理想は柴崎岳(デポルティボ)だ。A代表でキャプテンを担う試合もあり、状況把握も的確。チームのリズムコントロールをしてくれるはずだ。

  その点では、山口蛍(神戸)も候補者のひとり。C大阪や神戸でもキャプテンマークを巻いていて、なによりロンドン五輪でベスト4入りを経験しているのは頼もしい。さらに、東京五輪に出てボランチとして久保や堂安を活かすというビジョンを語る本田圭佑(フィテッセ)も実は適役。大舞台でこそ輝く強烈なメンタリティで若手を引っ張ってくれそうだ。


取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

 


 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事