【釜本邦茂】球際は高校生と大人の戦い…ベネズエラ戦は惨敗も“兼任限界”論は時期尚早だ

【釜本邦茂】球際は高校生と大人の戦い…ベネズエラ戦は惨敗も“兼任限界”論は時期尚早だ

2019.11.20 ・ 日本代表

シェアする

 キリンチャレンジカップの日本対ベネズエラ戦は1-4のスコアで文字通り惨敗といった内容だった。私もスタジアムで直接日本代表の戦いぶりを見てきたが、大きくふたつの面で違いを感じたよ。


 ひとつはフィジカルの違いだ。スタメンの平均身長こそ、両チームともほとんど変わらなかったけど、まるで高校生と大人が試合をしているようで球際での争いはベネズエラが本当に強かった。もちろんゴールシーンでも違いが顕著だった。1点目のヘディングシュートや3点目のクロスに対する競り合い。高さもそうだけど、相手より早く落下点に入って有利な体勢でボールを捉えようとする巧みさもあった。



 それからもうひとつはパスをしたら、もう一度ボールを受けるために動くという基本的なプレーがどの選手もしっかりできていたということ。日本の選手は足もとに付ける技術はあるけど、その後の動きがないからテンポが一定にしかならない。ベネズエラのほうは多くの選手がキレのある動きで、ワンツーや3人目の動きで仕掛けたり、素早くサポートに入ったりして日本の守備を翻弄していた。


 一方の日本は、吉田や長友、酒井らが抜けて、ディフェンスラインの選手たちの経験不足が如実に表われてしまったね。まだまだ欧州組と国内組との違いが大きいということが明らかになった。守備陣だけの問題ではなく、失点した後にどうやって立て直すべきか、チームを引っ張っていくリーダー的な存在もピッチの中にいるようには感じられなかった。


 当然、ゲームの組み立てやゴールまで30メートルのアタッキングエリアを攻略する面でも同じことが言えるよ。早急にチーム全体の底上げをやっていかないと、怪我人が数人出ただけでチームのバランスは失われてしまうだろうね。


 後半は日本も反撃に出て1点を返す展開にはなったけど、もう相手も背後にスペースを作るような無理な攻撃はしなくなっていたからね。テストマッチとしても、もう少し前半の45分で意義のある内容にしてほしかったよ。

  U-22のコロンビア戦に続いて“森保ジャパン”は、南米勢に2連敗したわけだが、どちらもかなり骨のある相手だったことは確かだ。今の日本の現状を知るにはいいマッチメイクだったんじゃないかな。


 もちろん、強敵だったとはいえ、なすすべなく2連敗というのはちょっといただけない。ただし、私はこれですぐに森保監督の指導力に疑問符をつけて、進退を問うとか兼任は無理だなんていうのは時期尚早だと思っている。世間ではそんな論調もあるようだけどね。

 去年のロシア・ワールドカップの時のように土壇場でも交代は可能だなどとは言わないが、昨年新体制が発足した当時、協会も兼任監督で行くという方針で決めてバックアップの体制も整えてきたわけだから、一度や二度の敗戦で方向性をコロコロ変えてもしょうがないよ。


 今回の結果を踏まえて、森保監督がどう舵を取りチームを作っていくのか、まずはじっくり見てみるべきだ。日本協会も森保監督の手腕に一度は命運を預けたわけだから、100パーセント彼をサポートしてあげなければね。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事