【キルギス戦&ベネズエラ戦総括】全32選手の通信簿。決定力抜群の南野に対し、評価を落としたのは…

【キルギス戦&ベネズエラ戦総括】全32選手の通信簿。決定力抜群の南野に対し、評価を落としたのは…

2019.11.21 ・ 日本代表

シェアする

 11月14日のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第4戦、キルギス戦(ドレン・オムルザコフ・スタジアム/ビシュケク)には2-0で勝利したが、同19日のキリンチャレンジカップのエクアドル戦(パナソニックスタジアム吹田)には1-4で完敗。9人を入れ替えて戦ったこの2戦で、各選手はどんなパフォーマンスを見せたのか。ここでは計32選手の出来を5段階(S、A、B、C、D)で評価。それぞれの活躍を振り返る。


――◆――◆――


【GK】

川島永嗣 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(―)

②ベネズエラ戦:5(フル出場・4失点)

 ベネズエラ戦ではコパ・アメリカ以来となる先発を掴む。しかし、混乱をきたした最終ラインを統率し切れず。試合後には「チームを支えていくという意味での起用だったと思いますが、その役目はできなかった」と肩を落とした。


権田修一 [評価]S

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:6.5(フル出場・0失点)

②ベネズエラ戦:―(―)

 幾度かピンチを迎えたキルギス戦では、好セーブを連発。ワールドカップ2次予選では4試合連続でスタメン出場し、すべて完封。所属クラブでは出場機会が限られているが、代表ではさらに評価を上げた。


シュミット・ダニエル [評価]-

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(―)

②ベネズエラ戦:不参加

 レギュラー奪還を狙ったものの、その目標は今回も叶わず。キルギス戦のみの参加で、続くベネズエラ戦では川島が先発したことを考えれば、序列が3番手に落ちたとも捉えられる。


中村航輔 [評価]-

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:―(―)

 柏でJ1昇格争いを戦う中で参加。ベネズエラ戦はベンチから戦況を見守ったが、久々の代表活動で受けた刺激を今後の成長へつなげたい。【DF】

長友佑都 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:5(フル出場)

②ベネズエラ戦:不参加

 キルギス戦では井原正巳(現・柏コーチ)に並ぶ、歴代2位タイとなる国際Aマッチ122試合を出場を達成。しかし、その一戦では自身が守る左サイドを相手に狙われて苦戦。記念すべきゲームで悔しさを募らせた。


吉田麻也 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:5.5(フル出場)

②ベネズエラ戦:不参加

 キルギス戦でもキャプテンとして最終ラインを引き締め、2次予選では4試合連続のクリーンシート。またその一戦で日本代表として100試合出場を果たした。ただし危険な場面を何度か作られたのは反省材料だ。


佐々木翔 [評価]D

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:―(―)

②ベネズエラ戦:3.5(フル出場)

 チャンスが巡ってきたベネズエラ戦で2失点に絡む。得意としていたはずの空中戦で相手に競り負け、担当した左サイドからチャンスを作られた。試合後には課題を口にしたように厳しい一戦になってしまった。【DF】

酒井宏樹 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:5.5(フル出場)

②ベネズエラ戦:不参加

 攻撃面では上積みを果たせなかったが、守備面では手堅い対応を披露。一方で右サイドで組んだ伊東との連係は今後、高める必要がありそうだ。


車屋紳太郎 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:不参加

②ベネズエラ戦:―(―)

 長友が不在だったベネズエラ戦で左SBとしてアピールしたかったが、出場のチャンスは訪れず。次は12月のE-1選手権でのメンバー入りを目指したい。


室屋 成 [評価]D

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:―(―)

②ベネズエラ戦:4(フル出場)

 ベネズエラ戦では開始早々に先制点につながるクロスを送られ、その後もマッチアップしたソテルドに翻弄された。後半は果敢にオーバーラップしたが、前半のマイナス分を挽回するには至らなかった。


植田直通 [評価]D

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:5(フル出場)

②ベネズエラ戦:4(途中交代)

 負傷の冨安に代わり、キルギス戦では吉田とCBを組んでクリーンシートに貢献。もっとも細かなミスも多く、守備のリーダーとして臨んだベネズエラ戦では失点を食い止められず。左太腿を痛めてハーフタイムで交代した。三浦弦太 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:6(途中出場)

 ベネズエラ戦では左太腿を痛めた植田に代わって後半頭からピッチへ。前半で4点を奪ったベネズエラがペースダウンしたこともあり、決定機は作らせなかった。


安西幸輝 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:―(―)

②ベネズエラ戦:不参加

 キルギス戦のみの招集で出番は訪れず。両SBをこなせる汎用性は魅力なだけに、固定化が進んでいる左SBの長友、右SBの酒井を脅かす存在になりたい。クラブでさらにレベルアップできるか。


畠中槙之輔 [評価]D

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:―(―)

②ベネズエラ戦:4(フル出場)

 吉田、冨安が不在だったベネズエラ戦では、念願のCBとして先発出場。もっとも経験値の浅さを露呈し、相手アタッカーの動きについていけず。得意のフィードを見せる場面も限られた。


進藤亮佑 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:不参加

②ベネズエラ戦:―(―)

 札幌での活躍を買われてA代表初選出。ベネズエラ戦でデビューとはいかなったが、22歳のDFは貴重な経験を得たはずだ。


荒木隼人 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス:不参加

②ベネズエラ戦:―(―)

 進藤とともにA代表初選出。広島では対人の強さと素早いカバーリングを見せており、CBのレギュラー争いに割って入りたい。【MF】

山口 蛍 [評価]A

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(途中出場)

②ベネズエラ戦:6(途中出場・1得点)

 苦戦を強いられたベネズエラ戦では、65分にピッチに送り出されると、その4分後に一矢報いるミドルを決める。DFに当たってネットに吸い込まれたとはいえ、確かな爪痕を残した。


原口元気 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:5.5(フル出場・1得点)

②ベネズエラ戦:5(途中交代)

 キルギス戦では美しいFKを沈めるも、味方と呼吸が合わないシーンも。ベネズエラ戦では必死に走り回ったが、上手く攻撃に絡めずに不完全燃焼に終わった。


柴崎 岳 [評価]D

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:5.5(フル出場)

②ベネズエラ戦:4(フル出場)

 中盤の司令塔としてチームのコントロールを試みるも、ミスが見られた。特に「自分に責任がある」と話したベネズエラ戦では、主将として苦しむチームを統率できず。険しい表情を浮かべた。


大島僚太 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:―(―)

 怪我で辞退した昨年9月の活動以来の復帰。天才的なプレーを示す川崎でのパフォーマンスを代表でも期待されたが、ピッチに立つチャンスは得られなかった。


遠藤 航 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:5.5(途中交代)

②ベネズエラ戦:不参加

 キルギス戦では先制点となる南野のPKにつながる縦パスを通し、後半には原口の直接FKにつながるファウルをゴール前で受けた。一方、守備では軽い対応も見られ、及第点の出来とは言えなかった。伊東純也 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:5.5(途中交代)

②ベネズエラ戦:不参加

 10月のモンゴル戦では3アシストをマークした男は、武器のスピードを活かそうと奮闘。それでも荒れたピッチ状態もあり、本領発揮とはいかなかった。


橋本拳人 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(―)

②ベネズエラ戦:4(途中交代)

 遠藤らと定位置を争うファイターは、先発したキルギス戦ではパスミスが目立ち、中盤のフィルター役として機能できず。後手を踏む対応が多かった。


中島翔哉 [評価]B

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(途中出場)

②ベネズエラ戦:6(フル出場)

 キルギス戦では悔しい先発落ち。対してスタメン出場したベネズエラ戦では、何度もドリブル突破を図り、攻撃を引っ張った。ただ毎回の課題である中盤でのボールロストも少なくなかった。

 【MF】

浅野拓磨 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(―)

②ベネズエラ戦:5.5(途中交代)

 鈴木と2トップを組んだベネズエラ戦は、前半はまったく持ち味を発揮できず。後半は強烈なシュートを放つなど発奮したが、スコアを動かせぬまま65分に交代となった


南野拓実 [評価]S

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:6(途中交代)

②ベネズエラ戦:不参加

 日本の新エースと称されるアタッカーは、キルギス戦でワールドカップ予選では4戦連続、国際Aマッチでは5戦連続となるゴールをPKでマーク。チームを勝利に導いた。


古橋亨梧 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:5.5(途中出場)

 ベネズエラ戦でA代表デビュー。シンプルにパスをつなぎ、上手く流れに乗ったが、77分の好機はシュートが遅れ、フイにしてしまった。


鎌田大地 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:―(―)

②ベネズエラ戦:不参加

 10月のモンゴル戦では代表初ゴールを奪ったが、11月シリーズは出番のないまま所属クラブへ。攻撃のリズムを変えられる存在なだけにピッチで見たかった印象はある。


井手口陽介 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:―(途中出場)

 ベネズエラ戦では5枚目の交代カードとして登場。ただ不慣れな左サイドハーフでのプレーだっただけに、目立った活躍はできなかった。【FW】

永井謙佑 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:5(途中交代)

②ベネズエラ戦:5.5(途中出場)

 CFで先発したキルギス戦ではポストプレーの拙さを露呈。65分に途中出場したベネズエラ戦では、必死に走り回り、気持ちの強さは示した。


鈴木武蔵 [評価]C

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:4.5(途中交代)

 先発に起用されたベネズエラ戦では、枠外のシュート1本のみで、ハーフタイムでベンチへ。試合後には悔しさを口にした。


オナイウ阿道 [評価]―

サッカーダイジェスト採点

①キルギス戦:不参加

②ベネズエラ戦:―(―)

 ベネズエラ戦は第3のストライカーとして準備。ビハインドを追う状況だっただけにデビューへの期待も高まったが、声はかからなかった。


【監督】

森保 一 [評価]D

①キルギス戦:5.5

②ベネズエラ戦:4

 チームが苦境に立たされるなか、修正力を示せず。ワールドカップ2次予選で4連勝を飾ったとはいえ、キルギス戦の内容も褒められたものではなく、ベネズエラ戦は完敗。ここにきて大きな逆風に晒されている。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事