ラモス日本、W杯準決勝でポルトガルにPK戦の末に惜敗。「勝って胸を張って日本に帰りたい」と選手も3位決定戦に意欲【ビーチW杯】

ラモス日本、W杯準決勝でポルトガルにPK戦の末に惜敗。「勝って胸を張って日本に帰りたい」と選手も3位決定戦に意欲【ビーチW杯】

2019.12.1 ・ 日本代表

シェアする

 ラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表が、熱望していたワールドカップの決勝進出にあと一歩、及ばなかった理由は何だろうか?


 現地11月21日にパラグアイの首都アスンシオンで開幕したビーチサッカーワールドカップ。日本代表はグループA組を3戦全勝で通過し、28日に準々決勝で古豪ウルグアイと、そして30日の準決勝で強豪ポルトガルと対戦した。


 グループステージの最中、ラモス監督は決勝トーナメント以降の天候をしきりに気にしながら、こう話してくれた。


「雨が降るとフィジカルに勝る選手のいる国が有利になる。日本の選手たちには、晴天のコンディションでプレーさせてやりたい。準々決勝に勝てば、その良い流れを持ってして決勝まで進める。決勝で王者ブラジルと戦って優勝したい」


 現地30日の午後6時にキックオフされた日本対ポルトガル戦に先立ち、イタリア対ロシア戦が午後4時15分にキックオフされた。その1時間前から雨がポツリ、ポツリと落ちてきた。キックオフ前になるとバケツをひっくり返したような豪雨となり、雷鳴まで轟くようになった。大粒の雨に打たれながら髪を振り乱し、砂まみれになった両国の選手たちは延長戦までハードに戦い、軍配はイタリアに上がった。

 日本対ポルトガル戦のキックオフ前に雨は上がったが、苦手とする”重馬場”であることには違いない。ハンデは他にもあった。ラモス監督が絶大なる信頼を寄せているFP大場崇晃が、累積警告でポルトガル戦は出場停止だったのである。


 さらに懸念材料はあった。「なかなかパフォーマンスが上がらず、プレーの質など改善しなければいけない選手がいる」と具体的な名前は控えつつ、そう話していたラモス監督。


 たとえばFP山内悠誠、松田康佑、飯野智之の3人は登録FPメンバー10人中、ポルトガル戦までの4試合で得点ゼロの選手だった。


 決勝トーナメントに入れば、グループステージ以上に”総力戦”が求められる。疲労の蓄積で運動量が落ちた選手もいれば、この日のポルトガル戦の大場のように累積警告で出場停止の選手も出てくる。走るだけでも難儀な砂の上を4人のFPが目まぐるしく交代を繰り返し、激しく戦うビーチサッカーではブレーキとなる選手が、一人でも少ないほうが有利なのは言うまでもない。 日本とポルトガルの一戦は、第3ピリオドを終わって3-3の同点で終了。延長に入る前に空が鉛色になったと思ったら、まるでイタリア対ロシア戦のような荒天となった。延長は両者が互いに譲らず、PK戦にまでもつれる戦いになった。


 暴風雨で視界不良の状況下、1番手でキャプテンのFP茂怜羅オズがボールをゴール右上に大きく外し、3番手のチーム最年長40歳FPの田畑輝樹も、ほとんどオズと同じような方向に蹴り上げた――。この瞬間、日本代表は3位決定戦に回ることが決まった。


「ワタシはPKを外さない自信があります。だから最初に蹴ります。でも人生の中で一番大事な時に…。今でも信じられません。GKの動きを見ながら蹴り込む場所も決まっていた。申し訳ないと謝るしかありません」

 神妙な表情で話すオズを指揮官は、サッカー界のレジェンドの名前を挙げながらかばった。


「PKというのは一番上手な人、その試合で一番頑張った人が外してしまうものだ。ジーコ(元ブラジル代表)、(ロベルト)バッジオ(元イタリア代表)もワールドカップでPKを外している。オズは誰よりも決勝に行きたがっていた。本当に可哀想に思う」


 出場停止のFP大場はキックオフの前、ピッチ上のカメラマンからカメラを向けられていることに気付くとジャージの左胸の日本サッカー協会のエンブレムを指さし、チームメートとの一体感を熱烈にアピールした。

 

 その大場は、スタンドで試合を観戦した後、嗚咽を漏らしながら「悔しいです…ただそれだけです。戦い自体は素晴らしかった。下を向くことはありません。素晴らしいプレーの連続でした。でも…。本当に悔しい。みんなと一緒にピッチで戦いたかった」と絞り出し、最後に「明日(の3位決定戦に)勝って胸を張って日本に帰りたい」と締め括った。


 3位決定戦で日本はロシアと対戦する。キックオフは現地1日午後4時15分(日本時間2日午前4時15分)である――。


取材・文●絹見誠司

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事