“模範的”なコロンビアに完敗した五輪代表の「現実」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

“模範的”なコロンビアに完敗した五輪代表の「現実」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

2019.12.3 ・ 日本代表

シェアする

 今年11月、広島。日本U-22代表と南米コロンビアU-22と戦い、0-2とほぼ完敗している。手も足も出ないに近かった。


 その戦いはさまざまに検証されているはずだが、コロンビアの視点に立ってどう見えるのか?


 コロンビアは一つの模範的な戦い方をした。日本がバックラインからボールをつなげようとすると、その“拠点”を前線から高い強度で確実に前から潰している。怯んだ日本がボールを下げると、ここを先途と奮い立って、プレスを強めた。そして日本のボール回しが厳しくなった中盤で、何度もボールを取り返していた。相手のわずかな判断の遅れ、そして焦りのようなものをかぎ取って、しつこく攻め立てたのだ。


 受けて立ってしまった日本を相手に、コロンビアは自分たちのペースでボールを持ち運んでいる。基本的に選手同士の距離感が良かったのはあるだろう。ポジション的な優位に立ったことによって、たとえプレスにあってボールを失ったとしても、そこから奪い返すために囲み返せた。プレーインテンシティーが高く、波状攻撃も可能になった。


 例えば後半立ち上がり、先制点のシーンは象徴的だろう。

 ロングスローを入れ、これがクリアされるも、確実に取り返した。そして迅速につなげた後、左サイドへ展開。すかさずクロスを入れ、跳ね返されたものの、再び拾う。そのままドリブルでエリア内に侵入すると、右足を振って、GKの手をはじきながらゴールを決めた。


 プレー強度とポジション的優位で日本に勝った。


 2点目も回路は同じだ。バックラインから果敢にボールをつないでいるが、日本のプレスを回避できたのは、勇気だけが理由ではない。選手のポジショニングが抜群で、ボールスピードも速かった。左サイドから中盤へのパス交換で、日本のボランチの背中を完全にとっている。


つまり、相手のディフェンスラインに向かって、“障壁”なしに襲い掛かれる状況を作った。これで日本のバックラインをずるずる下がらせると、そこからボールを素早く前へ運び、右サイドの選手がエリア内でカットインし、左足で決めた。


 コロンビアは終始、効率的にサッカーをしていた。日本のように、一か八かの縦パスを打ち込んで、相手に取られるようなシーンは少なかった。パスコースが見つからず、寄せられて失い、展開されるケースもほとんどない。戦術システムの運用で上回った。5バックが前線と離れ、中盤にスペースを与えた日本と対照的だったと言える。 開始5~10分の手合わせで、コロンビアは戦い方を決めた。久保建英、堂安律と中盤を分断し、“兵站線”を切った。トップの上田綺世も潰し、相手の攻撃を無力化した後、頼りなげだったバックラインとボランチにプレスをかけ、押し込んだのである。


<コロンビアは日本を凌駕した>


 それが彼らの視点だろう。


「東京五輪での金メダル」


 日本U-22代表は、そこを目標に掲げている。冨安健洋、田中碧、そしてオーバーエイジ3人が加わったら、見違えるチームにはなる。ポテンシャルは高いが、コロンビア戦も一つの現実だ。


「負けたことで、みんなに危機感が生まれたと思います」


 久保の正直な言葉である。


文●小宮良之


【著者プロフィール】

こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事